Today's PICK UP

大垣共立銀行、AIによる生命保険の現状把握・検索提案システムを導入 業務の効率化を目指す

保険販売事業、ソリューション事業、システム事業を手掛ける株式会社アイリックコーポレーションは、株式会社大垣共立銀行と、2月1日(金)より、生命保険の現状把握・検索提案システム『ASシステム』(以下、『ASシステム』)及び「証券分析AIアシスト機能」を大垣共立銀行ローンプラザ大垣に導入することで合意した。
【導入の背景】
大垣共立銀行は、かねてより顧客向けに行っていたライフプランサポートサービスの向上と、その標準化・効率化を目的として『ASシステム』を導入する。

あわせてオプションである「証券分析AIアシスト機能」の導入により証券分析機能をより強化し、お客様へのサービス向上を目指す。
【『ASシステム』について】
アイリックコーポレーションが独自に開発した、お客様への保険提案を支援するシステム。

銀行・企業代理店・保険代理店等の保険販売会社など、現在までに約370社の企業に導入され、保険販売の現場で顧客と保険募集人の双方へコンサルティングシステムを提供している。(保険申込ナビゲーションシステム『AS-BOX』を含む。)

【『ASシステム』証券分析AIアシスト機能について】
『ASシステム』のオプション機能であり、スマートフォンやタブレット等のカメラで生命保険募集人が撮影した生命保険証券や、スキャナでデータ化した生命保険証券を、AIを搭載したディープラーニング技術を活用して自動分析するサービス。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。