Today's PICK UP

大垣共立銀行、AIによる生命保険の現状把握・検索提案システムを導入 業務の効率化を目指す

保険販売事業、ソリューション事業、システム事業を手掛ける株式会社アイリックコーポレーションは、株式会社大垣共立銀行と、2月1日(金)より、生命保険の現状把握・検索提案システム『ASシステム』(以下、『ASシステム』)及び「証券分析AIアシスト機能」を大垣共立銀行ローンプラザ大垣に導入することで合意した。
【導入の背景】
大垣共立銀行は、かねてより顧客向けに行っていたライフプランサポートサービスの向上と、その標準化・効率化を目的として『ASシステム』を導入する。

あわせてオプションである「証券分析AIアシスト機能」の導入により証券分析機能をより強化し、お客様へのサービス向上を目指す。
【『ASシステム』について】
アイリックコーポレーションが独自に開発した、お客様への保険提案を支援するシステム。

銀行・企業代理店・保険代理店等の保険販売会社など、現在までに約370社の企業に導入され、保険販売の現場で顧客と保険募集人の双方へコンサルティングシステムを提供している。(保険申込ナビゲーションシステム『AS-BOX』を含む。)

【『ASシステム』証券分析AIアシスト機能について】
『ASシステム』のオプション機能であり、スマートフォンやタブレット等のカメラで生命保険募集人が撮影した生命保険証券や、スキャナでデータ化した生命保険証券を、AIを搭載したディープラーニング技術を活用して自動分析するサービス。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。