『消費者のデジタルシフト調査レポート 2019』ネットとリアル店舗の両方を使う傾向が高いのは「洋服・靴・鞄」

消費者の購入実態を調査した『消費者のデジタルシフト調査レポート 2019』が発表された。
今回の調査レポートでは、14品目のカテゴリーで購入実態が調査されており、下記の3つの軸で分析されている。

①ネットで購入している消費者の比率
②ネット及び店頭の両方を利用する消費者
③年代別ネット及びリアル店舗での購入に関する実態


①ネットで購入している消費者の比率
ネットでの購入経験比率が最も高い品目は、「本」で、63%の人がネットでの購入経験があると回答。次いで、「旅行(60%)」、「玩具(59%)」、「洋服・靴・鞄(53%)」、「家電(47%)」の順で、ネットで購入している消費者の比率が高い。一方で、「生鮮食品(12%)」、「医薬品(15%)」「日用品(16%)」の等の品目は、ネットでの購入経験がない人が多く、ネットでの購入意思が低いことが読み取れる。
②ネット及び店頭の両方を利用する消費者
ネットとリアル店舗での購入実態として2つの傾向が読み取れる。

傾向1:ネットとリアル店舗どちらか一方のチャネルを使う傾向が高い「本」、「旅行」。
傾向2:ネットとリアル店舗の両方を使う傾向が高い「洋服・靴・鞄」。
③年代別ネット及びリアル店舗での購入に関する実態
品目ごとのネットでの購入経験を年代別に調査。「本」、「旅行」などの品目においては、年代による傾向がみられない。一方で「洋服・靴・鞄」、「家具」といったカテゴリーでは若年層のほうがネットでの購入意向が強い。
■消費者のデジタルシフト調査レポートについて
『消費者のデジタルシフト調査レポート 2019』は消費者のデジタルシフトのリアルを明らかにすることを目的とし、約1000名に対するアンケート及びグループインタビューを実施した結果をデジタルコンシューマー総研がまとめたもの。消費者がどこまでデジタルシフトしており、実際にどういった買い物体験を行っているのか、またその動機を明らかにしている。