FLASH NEWS

東急ら「観光のデジタルシフト」の実証実験、「Phase1」の結果を報告 アプリのダウンロード数は約2カ月で目標達成

東京急行電鉄株式会社・東日本旅客鉄道株式会社・株式会社ジェイアール東日本企画は、国内外観光客が、鉄道・バス・AIオンデマンド乗合交通・レンタサイクルなどの交通機関を、スマートフォンで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる2次交通統合型サービス「観光型MaaS」の実証実験(以下、本実証実験)を、2019年4月1日に伊豆エリアで開始し、7月5日にPhase1の結果を報告した。
国土交通省によると、MaaSとは「ICT を活用して交通をクラウド化し、公共交通か否か、またその運営主体にかかわらず、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動」の概念」である。

本実証実験は、4月1日~6月30日までの「Phase1」と、9月1日~11月30日までの「Phase2」の2回に分け、計6カ月間行われる。

「Phase1」の終了を受け実験結果の詳細をお知らせするとともに、本実証実験が休止する7月~8月においても、専用MaaSアプリケーション「Izuko」(以下、「Izuko」)を伊豆急行線沿線で提示すると受けられるさまざまな特典内容も紹介した。
 
「Phase1」では静岡デスティネーションキャンペーンの好影響もあり、「Izuko」の認知が拡大し、当初6カ月間の目標値であった2万ダウンロードを、実証実験開始後57日目である5月27日に達成するなど、好調に推移した。

また6カ月間で計1万枚の販売を目指す鉄道とバスが一定エリアで乗り放題となるデジタルフリーパスと、観光施設の割引入場券の機能を持つデジタルパスについては、計1,045枚という結果にであった。また下田地区で新たに運行した「AIオンデマンド乗合交通」の利用者は、延べ1,051人(運行日数81日。1日平均13人)という状況だった(表1参照)。

9月から開始する「Phase2」では、「Izuko」の操作性を向上させ、サービスエリアを拡大させることで、より多くの人に利用されることを狙っている。

本実証実験が休止する7月~8月においては、経路検索機能など「Izuko」の一部機能を利用できるほか「Izuko」を伊豆急行線沿線で提示すると、土産物屋の割引優待など様々な特典が受けられ、夏の伊豆観光を楽しむことができる(表2参照)。

今後も、本実証実験における実行委員会の委員とともに、9月からの「Phase2」に向け、Izukoの機能改善やサービスエリアの拡大などに取り組むことで、本実証実験の目的である「国内外観光客の利便性向上と地域活性化」を目指す。