FLASH NEWS

大分トリニータがAIカメラの導入をスタジアムで実証実験 利便性の向上とデータの活用で「IoTスタジアム」を目指す

IoT、AI等のデジタル技術を活用して企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するアジアクエスト株式会社は、プロサッカークラブ『大分トリニータ』を運営する株式会社大分フットボールクラブと提携し、IoTスタジアム計画の第二弾としてAIカメラをつかった実証実験を行う。
■AIカメラを使い売店に並ぶ人数を把握し、混雑状況を表示

今回、アジアクエストと大分トリニータによる『IoTスタジアム計画』プロジェクトの第二弾としてAIカメラを使用し、人を検知し売店に並ぶ人数を数えて、売店の混雑具合を表示する。対象の試合は2019年8月17日(土) 19:00より昭和電工ドーム大分にて行われる「大分トリニータ VS 鹿島アントラーズ」の試合。

来場者は会場に設置されたモニター、または大分トリニータ公式 Twitterで告知される専用URLより、自身のスマートフォンで売店の混雑状況を確認できる。売店の混雑状況を可視化することで、来場者が向かう売店を効率よく選んだり、売店がより空いた時間に買いに行くことが可能となる。また、集計したデータを分析し、次回の試合での売店の配置に役立てる予定だという。
■IoTスタジアム計画の第一弾では工数の可視化を実施

アジアクエストと大分トリニータが地域イノベーションパートナーとして進めているプロジェクトの一つが『IoTスタジアム計画』だ。IoT技術を利用してスタッフの手助けや、ファンにIoT技術への興味を持たせることを目的に、大分トリニータスタッフ向け、ファン向けの2つの視点でプロジェクトを進めている。

第一弾では、スタッフの位置情報と作業内容がリアルタイムにわかるIoTソリューション『Smart CUBE Dial(スマートキューブダイヤル)』を使用し、作業内容を記録、可視化していた。