WATCH

パナソニックとコーセーが化粧品のパーソナライズ化を実証実験 デジタル技術とデータを活用し、一人ひとりに最適な商品を届ける

パナソニック株式会社は、株式会社コーセーと連携し、2019年12月17日にオープンする「Maison KOSÉ(メゾンコーセー)」に、パナソニックが開発している「Snow Beauty Mirror」(以下、スノービューティーミラー)を導入し、共同で実証実験を行う。この取り組みから、消費者の多様なニーズに応える新しいパーソナライズ提案を進めるという。
現在、生活者の価値観やライフスタイルは多様化し、化粧品に求めるニーズ自体が百人百様の時代となっている。一方で、インターネットやSNSの普及などにより情報があふれ、本当に自分にあった化粧品を選ぶことがかえって難しい場合もあるという。そのような悩みの解決策のひとつが、デジタル技術とデータを活用した、一人ひとりに最適な商品とサービスをご紹介するパーソナライズ提案だ。

その提案を体験できる場となるコーセーの体験型新コンセプトストア「Maison KOSÉ」において、「スノービューティーミラー」を活用することでパーソナライズ提案を実現する。また、その一つとして、パナソニックが開発中の「メイクアップシート」技術を応用した「カスタマイズシート(仮称)」も併せて体験できるとのことだ。
出典元:プレスリリース

スノービューティーミラーの機能および実証実験の内容

(1)肌分析機能
鏡の前に座るだけで、肌状態を分析し、瞬時に数値化し表示する。鏡の中に埋め込まれた非接触センサーが、肌表面と表面下の状態を検出。医療機器並の精度で、肌表面のシミ・シワ・ほうれい線・毛穴・肌色だけでなく、目では見えない隠れたシミも検出する。

デジタルカウンセリングとその分析結果をもとに、コーセーの展開する複数のブランドを横断した商品やサービスから、一人ひとりに最適なリコメンドを行う。この機能には、デジタルカメラなどで利用される顔認識技術や、画像処理技術などを応用しているとのことだ。
出典元:プレスリリース
(2)理想顔システム
コーセーと明治大学との共同研究で開発した遺伝的アルゴリズムにパナソニックの画像処理技術を掛け合わせて、顔の画像から、本人の心の中にあるなりたい“理想顔"を見える化するシステムを開発した。

「スノービューティーミラー」による肌分析機能により、毛穴・シミ・シワといった肌質、肌の色味や明るさを高精度に抽出し、そのデータをパラメータ調整することで、約50万通りの顔画像パターンを作成する。ランダムに表示した顔画像の中から、本人が好みのものを選択するだけで、“理想顔"を短時間に導き出すことが可能だという。また、消費者の理想顔と現在の状態の差異を見える化するとともに、理想顔に近づけるため、最適なファンデーションの色味や質感、使用方法の提案につなげる。
出典元:プレスリリース
(3)メイクアップシート技術を応用した「カスタマイズシート」の展開
パナソニックが開発中のメイクアップシートは、スノービューティーミラーで分析した肌色測色結果にあわせ、独自の印刷技術で一人ひとりの肌に合わせた色味を印刷した超極薄シート。貼るだけで、気になる頬部位・こめかみ部位をカバーすることができるようになるという。

今回は、このメイクアップシート技術を応用し、パナソニック独自の肌色測色技術および印刷技術と、コーセーの化粧品開発知見との連携により、肌に自然になじむ色味・装着感を実現する「カスタマイズシート(仮称)」を展開する。
出典元:プレスリリース
「Maison KOSÉ」について
消費者が化粧や美容に関わる新たなソフトウェアやハードウェアをブランド横断型でいち早く試し、楽しむことができるコンセプトストア。デジタルと体験を融合させた新しいコミュニケーションの形として、次世代の美容体験の可能性を探り、店頭とデジタルのつながりに取り組む。

<店舗詳細>
店名    Maison KOSÉ
所在地    東京都中央区銀座7-10-1
フロア数    2フロア
面積    約500平米(延べ床)
オープン日    2019年12月17日
営業時間    11:00-20:00 不定休