Today's PICK UP

渋谷区観光協会が2020年デジタル観光戦略を発表 デジタルマップや多言語案内などを推進へ

一般財団法人渋谷区観光協会は、2020年1月27日(月)に渋谷区役所にて、2020年以降のデジタル観光戦略を渋谷区と共に発表。このプロジェクトの最初の取り組みとして、東京オリンピック・パラリンピック大会に向けた観光のデジタル化、多言語対応をGoogleの技術協力を受け、推進する。
東急不動産株式会社と連携し、2019年12月にオープンした ”渋谷フクラス” 一階の観光支援施設「shibuya-san tourist information&art center(以下、shibuya-san)」を含む、観光案内所等でのGoogle マップや Google アシスタントといったテクノロジーを活用し、インバウンド観光客を中心に、観光情報・マナー啓発情報の発信や地域の回遊性を高める。今後渋谷区が目指す、2020年以降の産業観光政策ビジョン策定に向け、観光客や地域住民の双方にとって快適な時間と経験をもたらせるよう、テクノロジー観光戦略を実装するという。
出典元:プレスリリース

■ 観光案内のデジタル環境強化

観光案内所の開閉時間にとらわれず、より多言語に対応した観光案内を実現するためにデジタル化を強化。

1. Googleマップと二次元バーコードでおすすめ場所やルートを案内
区内各所にポスターやステッカーなどを掲出し、二次元バーコードの読み取りでテーマに沿った案内を実現。

<これまでの実施例>
・ラグビー W 杯期間中のポスター × 二次元バーコード施策
ハロウィーン期間中、渋谷のナイトタイムを楽しむためのリストを2019年10月に公開。
o   渋谷NIGHT MAP - スポーツバー
o   渋谷NIGHT MAP - ミュージックバー
o   渋谷NIGHT MAP - クラブ

・渋谷区環境政策課との喫煙所マップを通したマナー啓発
第一段階として作成したリストの二次元バーコードとURLを渋谷区HP内で活用し、渋谷モヤイ像前とスクランブル交差点の喫煙所にポスターを設置。

<今後の実施予定>
観光案内所などでよく聞かれる質問への回答(渋谷区内のおすすめスポット、近くのレストランなど)を二次元バーコード化して掲出。混雑時にはセルフかつ多言語で情報を取得し、情報の持ち帰りを可能にする。Googleマップ・二次元バーコードを掲載したリストの利用・表示回数利用度合い(表示回数やフォロワー数など、追加項目も検討)について、定期的に確認する。

2. Google アシスタント 通訳モードを活用したどこでも観光案内コーナー
有人観光案内所において、Google アシスタント 搭載のスマートディスプレイ Google Nest HubをGoogle協力のもと設置し、リアルタイム通訳が可能なビジネス向けの通訳モード機能を活用した多言語対応を促進。

設置先候補は下記の通り段階を踏み、東京オリパラ会期中は渋谷駅前のみならず、外国人観光客の多い店舗など区内を対象に設置予定。設置場所の案内スタッフや観光客からも定期的なフィードバックの収集を実施。

1月27日(月)より、以下3箇所の観光案内所にて試験運用を開始
・クリエーションスクエアしぶや(渋谷マークシティ内)
・青ガエル観光案内所
・2019年12月にオープンした「渋谷フクラス」 1階の観光支援施設「shibuya-san tourist information & art center)

<上記3箇所で設置されたどこでも観光案内コーナーの写真>
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■ 渋谷駅周辺の観光案内所連携

再開発により変わりゆく渋谷の中で新設された民間運営の観光案内所などと連携し情報交換と共同施策を展開。

① ガイドツアーに関して、 shibuya-san をはじめとした民間企業が企画・実施するツアーとも連携を強化。
② 渋谷駅前を中心とした観光支援施設などと意見交換、連携施策を展開。

■ 区内店舗の観光客受入環境整備対応を支援

<これまでの実施例>
・渋谷区が実施した消費税増税を受けたキャッシュレス端末の普及・配布事業支援。
・リクルートの AirPay 受託事業 + Google 翻訳の使い方をレクチャー(実施中)。

■ 渋谷マーケティング調査結果の開示

2019年11月下旬に来訪した外国人約4000人に街頭調査を実施し、来訪目的や消費に関してのアンケートを行った。2020年3月を目処に調査結果を開示していく。

人気の記事

ニュースアプリで全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示 新型コロナウイルス「第二波」の兆候を確認できるように

ニュースアプリで全都道府県の「K値」をリアルタイムに表示 新型コロナウイルス「第二波」の兆候を確認できるように

株式会社JX通信社は、同社が運営する速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で、全国と都道府県ごとのK値(週あたりの感染者増加率)を表示する機能の提供を開始した。「K値」は、警戒される第二波の兆候をいち早く掴むために有効な指標として行政の状況把握にも活用されている。