Today's PICK UP

AIが必要な栄養素を含む食事をアドバイスするサービスがローンチ

株式会社シグナルトークは、健康意識の高いオフィスワーカー向けに、ワークパフォーマンス改善につながる食事をAIがアドバイスし、生涯収入をアップさせるという世界初のサービス「WorkUp AI(ワークアップAI)」を、1月29日から正式にサービス開始すると発表した。
出典元:プレスリリース
従業員の健康管理を経営的な課題とする「健康経営」は、昨今ますます注目を集めている。しかし、経済産業省が行った調査によると、中小企業のうち約半数は健康経営を認知しておらず、「健康管理は個人で行うもの」という考えが根深いことが見受けられるという。「WorkUp AI」は、専用アプリをPCにインストールするだけで、カメラやキーボードタッチなどを通して、ユーザーのPC業務のワークパフォーマンスを自動計測し、AIが独自のメソッドにより、パフォーマンス向上に必要な栄養素を含む食生活のアドバイスを行うとのことだ。

■ AIが可能にした3つの特長

[1] 「AIカウンセリング」で、生涯収入などをシミュレーション
ユーザーの食生活や仕事内容、仕事に影響する身体の症状などを、「はい」「いいえ」で回答する形式でカウンセリングすることで、現在の仕事のパフォーマンスや食生活、生活習慣を把握し、生涯収入、健康偏差値や余命、健康労働年数などをAIがシミュレーションする。

シミュレーションの際は、ワークパフォーマンスと健康の度合いを「W-Score(ダブルスコア)」という総合スコアでサービス内に表示し、改善状況を「見える化」、実感できるようにしているという。

[2] 「AIメソッド」で、生涯収入の向上につながる食生活改善をアドバイス
5,000名以上のデータと、食事と生活習慣についての50万通りの組み合わせデータを用い、ディープラーニングと統計学的解析手法を駆使して、ユーザーの生涯収入の向上につながる食生活や生活習慣の改善方法である「メソッド」をAIが個別に勧める。更に各メソッドを取り入れた場合、生涯収入にどの程度影響するのかを具体的な金額で算出するとのことだ。
出典元:プレスリリース
[3] 「AIメッセージ」で、ユーザーに個別のコメントや健康情報を届ける
日々のワークパフォーマンスについてのコメントや、選りすぐりの健康情報を、AIからメッセージとして届ける。メッセージは、医師、管理栄養士など、約700人の専門家の知見をもとにAIが生成する。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。