WATCH

トヨタグループとベンチャー企業の「交流」を生むオフィス 見学・入居者の募集を開始

東和不動産株式会社は、東京都千代田区で計画を進めている「axle(アクスル) 御茶ノ水」について5月7日(木)にオープンすると発表した。また、オープンに向けて、オフィス、プロジェクトルーム(家具付きオフィス)の見学およびテナント募集を2月12日に開始した。シェアオフィス(固定席)、コワーキングスペース(自由席)については3月下旬より随時見学および会員募集を開始するという。

■「axle(アクスル)」とは

axleとは車軸・心棒を意味する言葉で、「様々な人が入居し、思いがけない出会いがあり、そこから新しい発想が生まれ、プロジェクトが次々に走り出す」、このサイクルがつねに回り続ける施設を目指すという。
出典元:プレスリリース

■axle御茶ノ水の特徴

デザインコンセプト
次世代の新たな産業創出をコンセプトに、ベンチャー企業が飛躍するための機能的でシンプルな場としてデザインしている。入居者間の交流により新産業をインキュベーション(孵化)する “Connected Industries Space”を創造する。

フロア構成
・オフィス(B1F,1F,3F~6F)
主にトヨタグループを中心とした大手企業が入居する大区画から、ベンチャー企業向けの小区画まで、バリエーション豊富なオフィス
・プロジェクトルーム(B1F,2F,3F)
家具・什器やモニター、ホワイトボードを完備した、短期間から借りられるプロジェクト向きオフィス
・シェアオフィス(B1F)
約150坪の大空間を共有し、会員同士のコミュニティを形成する固定席タイプのシェアオフィス
・コワーキングスペース(B1F,2F,RF)
スタイルに応じて働く場を選択できる自由席タイプのコワーキングスペース
・ラウンジ(2F)
セルフカフェコーナーやバーエリアを設けたラウンジ。多種多様な入居者間のコミュニティ創出の”きっかけ
づくりの場”
・イベントスペース(1F,2F)
目的に応じてレイアウトできるフレキシブルなイベントスペース。一般利用可能で、1Fイベントスペース
は最大50名、2Fイベントスペースは最大120名収容することができる
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■ベンチャー企業支援サービスについて

コミュニティマネージャーやメンターによるサポート
入居者・会員はコミュニティマネージャーによる入居者同士の交流のサポートや、メンターによる起業・事業成長等のアドバイスを受けることができる。

コンサルティングサービス
入居者・会員はコンサルティングサービスの窓口から専門家に気軽に相談することができる。コンサルティングサービスの範囲は、経営相談、戦略立案、知的財産、企業法務、資金調達、ブランディング、アライアンス、テクノロジー等と多岐に渡るという。

トヨタグループ窓口
入居者・会員の中で、トヨタグループとの接点を持ちたい人には、窓口になるとのことだ。

■施設概要

・名称
axle 御茶ノ水
・所在地
東京都千代田区神田小川町3丁目28-5
・交通
JR線、東京メトロ丸の内線「御茶ノ水」駅 徒歩6分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 徒歩3分
東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄三田線・新宿線「神保町」駅 徒歩8分
・オフィス
14区画
・プロジェクトルーム
18室(2席~10席):家具・モニター・ホワイトボード付き個室
・コワーキングスペース
90席
・シェアオフィス
68席
・その他のサービス 
【有料】イベントスペース・会議室(一般利用可)、バー、ロッカー、複合機
【無料】レセプション機能、カフェコーナー、オープンキッチン、フリーWi-Fi
出典元:プレスリリース

人気の記事