Today's PICK UP

動画配信(VOD)市場の2019年市場規模レポートが公開 前年比22.4%増、「Netflix」がシェアNo.1という結果に

映画・映像エンタテイメントに特化したマーケティングデータ分析・レポート提供を行っているGEM Partners株式会社は2月13日、2019年の動画配信(VOD)市場規模推計と、その後2024年までの市場規模を3つのシナリオで予測した「動画配信(VOD)市場5年間予測(2020-2024年)レポート」を発行した。
出典元:プレスリリース

■2019年動画配信市場の規模推計

2019年の動画配信市場規模は、同年の映画興行市場規模と同程度
GEM Partnersが行った消費者調査の結果を基に、「定額制動画配信(SVOD)」「レンタル型動画配信(TVOD)」「動画配信販売(EST)」を合わせた2019年の動画配信市場全体の規模を推計すると、前年比22.4%増の2,692億円となった。これは、日本映画製作者連盟が発表した同年の劇場年間興行収入2,611億円と同程度となる。

2019年の市場規模推計のうち、契約形態別のシェアをみると「定額制動画配信(SVOD)」が80.2%、「レンタル型動画配信(TVOD)」が11.6%、「動画配信販売(EST)」が8.2%となった。

SVOD市場で最もシェアを拡大したのは「Netflix」
定額制動画配信(SVOD)市場は前年と比べ、多くのサービスが規模を拡大した。その結果、市場全体の規模も大きくなり、2019年のSVOD市場は2,158億円であると推計される。

また、サービス別に市場シェアを推計したところ、順位に大きな変動が見られた。市場シェアを見ると、1位の「Netflix 13.8%(前年比+5.4)」と3位の「Amazonプライム・ビデオ 10.9%(前年比+1.6)」が大きく数値を伸ばしている。特に「Netflix」は、前年から5.4pt増と突出していることから、SVOD市場の拡大を最も強くけん引したサービスであることがうかがえる。

■動画配信市場規模の将来予測

消費者調査の結果に加え、日本と米国の動画配信のこれまでの普及実績を踏まえ、2024年までの動画配信市場の規模を「ベース」「楽観」「悲観」の3つのシナリオで試算した。「ベース」では、2019年から2024年にかけて年平均10.3%で成長し、2024年には4,389億円まで拡大するという結果となった。

DVD・BDと動画配信の合計市場規模も推計しており、それによると、2024年にかけてDVD・BD市場は縮小する傾向にある。しかし、DVD・BDと動画配信の合計市場規模は年率3.1%で拡大することが予測される。さらに、DVD・BD市場と動画配信市場を合わせた市場全体の構成比を見ると、2021年に動画配信市場がDVD・BD市場を上回り、2024年には市場全体の61.0%を占める見込みだ。

■調査概要

【調査方法】GEM Partners「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート*」、総務省統計局「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」、総務省「通信利用動向調査」、一般社団法人 デジタルコンテンツ協会「動画配信市場調査レポート」、一般社団法人 日本映像ソフト協会「映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査」、および各社IR、報道発表資料、Webサイト掲載情報を用いて分析。なお、消費者がSVOD、TVOD、ESTに関わらず、動画配信サービス事業者に支払った金額の総額を動画配信の市場規模と定義しており、広告主が動画配信サービス事業者に支払う広告費は含んでいない。また、映画、ドラマ、アニメに加え、ミュージックビデオ、アダルトなど全ての映像コンテンツを含んでいる。

*「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート」最新版(2019年11月調査版)概要
調査対象:日本在住の 15~69歳の男女
調査実施日:2019年11月2日(土)~2019年11月5日(火)
回答者数:19,914人
数値の重みづけ:総務省統計局発表の人口統計(2019年10月1日時点の概算人口)と等しくなるように重みづけ

■レポート概要

商品名:動画配信(VOD)市場5年間予測(2020-2024年)レポート
発行日:2020年2月13日(木)
提供ファイル:レポート(PDF)、データ集(Excel)
総ページ数:24ページ
販売方法:ダウンロード
価格:
・日本語版(PDF、データ集)30万円(税別)
・日本語版・英語版セット(PDF、データ集)50万円(税別)

本レポートは、こちらから購入可。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。