Today's PICK UP

日本初エキナカ無人ラーメン店が渋谷駅にオープン!掃除もロボットにお任せ!

アイロボットジャパン合同会社は、エースコック株式会社ならびに日本マイクロソフト株式会社と連携し、2月14日(金)~28日(金)の期間限定でJR渋谷駅の山手線ホームにオープンする、日本初のエキナカ無人ラーメン店『モッチッチ ステーション』に床拭きロボット「ブラーバ ジェット m6」を提供し、飲食スペースでの清掃を開始したと発表した。
出典元:プレスリリース
『モッチッチ ステーション』は、エースコックが2019年10月より発売している「ラーメンモッチッチ」をメインターゲットである忙しい女性にも移動時間や仕事帰りなどのすき間時間に手軽なおいしさを体験してもらうべく、渋谷駅構内に展開。アイロボットやマイクロソフトとの提携により、同社の最新テクノロジーを応用した無人店舗が実現した。
出典元:プレスリリース
飲食スペースの清掃を担当する、アイロボットの「ブラーバ ジェット m6」は、iAdapt®3.0 ビジュアルローカリゼーションによる高度なナビゲーションと本体にカメラを搭載し、センサーが段差を感知すると、ルートを変更して落下を自動的に回避。ジェットスプレーでテーブルの汚れやベタつきを浮き上がらせて拭き取る。また、障害物を感知して動くので、荷物や壁が濡れる心配はないという。人間が指示を出すことなく拭き掃除をロボットに任せることができる。また、開店前には、ロボット掃除機「ルンバ i7+」が店内を清掃し、無人で店内のクリーニングも行っている。
出典元:プレスリリース

■『モッチッチ ステーション』概要

・実施日時:2020年2月14日(金)~28日(金)のうち、平日および24日(祝振替)含む、11日間
・営業時間:全日11:00~20:00
・場  所:JR渋谷駅 山手線外回りホーム上(恵比寿寄り)
・対象商品:ラーメンモッチッチ ワンタン麺/野菜タンメン
・販売価格:①店内飲食 消費税10% 212円(税込み)
      ②持ち帰り2個セット 消費税8% 416円(税込み)
・決済方法:キャッシュレス決済
      Suicaなど交通系ICカードおよびクレジットカード(VISA、Mastercard、JCB)のみ

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。