Today's PICK UP

近畿日本鉄道でAIデジタルサイネージ実証実験。10万店の飲食情報をホットペッパーが提供

株式会社リクルートライフスタイルが運営するグルメ情報サイト『ホットペッパーグルメ』は、 近畿日本鉄道株式会社が2020年2月28日(金)から開始する、AIを活用した利用客案内デジタルサイネージの実証実験に参加し、案内AIデジタルサイネージへ飲食店情報を提供すると発表した。

■案内AIデジタルサイネージ実証実験への参加について

『ホットペッパーグルメ』は、近畿日本鉄道が2020年2月28日(金)~2020年4月24日(金)に実施する、AIとデジタルサイネージを活用した利用客案内の実証実験に参加する。本実験は、多様化する利用客のニーズや、インバウンドに向けた多言語対応など、駅での案内業務におけるサービスの検討・検証が目的。関西圏と東海圏の6駅にAIを活用した案内AIデジタルサイネージを計8台設置し、駅構内や駅周辺の案内を行う。『ホットペッパーグルメ』は自社で保有する約10万店の飲食店情報(店舗情報、メニュー、写真、口コミ、地図など)を案内AIデジタルサイネージ事業者へ提供することで、利用者の飲食店検索をサポートするという。

■飲食店情報の提供イメージ

出典元:プレスリリース
『ホットペッパーグルメ』が提供する飲食店情報を、各案内AIデジタルサイネージへ提供し、利用者へ案内する。

■『ホットペッパーグルメ』の取り組み背景と利用者・飲食店のメリット

飲食店選びにおいては、事前に情報検索を行い来店するケースの中でも、直前に飲食店を選んで来訪する“直前検索”のニーズが高まっているという。『ホットペッパーグルメ』ではそうした消費者ニーズに応えるため、『ホットペッパーグルメ』のUI改善などを行ってきたが、本実証実験への参加によって、さらに飲食店の“直前検索”を活性化していきたいと考えている。なお、本実証実験では、『ホットペッパーグルメ』の飲食店情報を利用することで、たとえ土地勘のない場所であっても利用者のニーズに合った飲食店情報を取得できるようになるとのことだ。一方、飲食店にとっても、訪日外国人を含めた旅行者を中心に、新規顧客の獲得につながると考えられるという。

■案内AIデジタルサイネージ実証実験について

関西圏と東海圏の主要ターミナル駅を中心に、駅構内に案内AIデジタルサイネージを設置し、乗換案内、問い合わせ対応、駅周辺の案内、周辺飲食店の案内を行う。その際に、必要情報の提供に向けた外部情報サービスとの連携を行う。

(1)実施期間:2020年2月28日(金)~2020年4月24日(金)
(2)実施箇所:大阪難波駅、近鉄日本橋駅、近鉄奈良駅、近鉄名古屋駅、宇治山田駅、五十鈴川駅、計6駅・8台
(3)参加企業:計5社

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。