Today's PICK UP

サブスク腕時計サービスが新宿マルイ本館へ出店 ARで試着できる体験を提供

月額制でブランド腕時計をレンタルできるサービス「KARITOKE(カリトケ)」を運営するななし株式会社は、2020年3月13日(金)に、新宿マルイ本館内に3店舗目となるリアル店舗を出店する。
今回の出店と同時に、以下の2つの施策を開始する。
・40ブランド、1100種類以上ものブランド腕時計が、外出せずに自宅でも”視”着できる「KARITOKE・AR」の提供を開始。
・「KARITOKE」のウェブ上で取り扱う全商品を、マルイの店舗(一部)で受け取れるようになる。

これらの「KARITOKE」のオムニチャネル戦略が大幅に強化されることで、ウェブと店舗のどちらかでも「KARITOKE」で扱うほぼ全商品の選択、試着、受取りが可能になる。

■日本最大規模の腕時計ARによる腕時計の”視”着体験について

出典元:プレスリリース
3月13日の新宿マルイ本館への出店と同時に、「KARITOKE」が扱う40ブランド、1100種類以上のブランド腕時計が”視”着できる「KARITOKE・AR」の提供を開始する。「KARITOKE・AR」により、外出せずに自宅からでもスマホを使って疑似的な試着体験が可能となり、ウェブと店舗を融合する「KARITOKE」のオムニチャネル戦略の一環。ユーザーは自宅にいながら、腕時計のサイズが自身の腕の大きさに合うかどうかを確認したり、自身の服やスーツとのコーディネートの参考にしたりすることができるようになる。

「KARITOKE・AR」は、特定のブランドやモデルに限定されない点が特徴であり、腕時計のARでは日本最大規模。なお、「KARITOKE・AR」に必要となる専用ベルトは、3月13日から新宿マルイ本館、有楽町マルイ、なんばマルイの「KARITOKE STORE」で配布する他、順次「KARITOKE」利用者にも郵送等で配布する予定だという。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。