Today's PICK UP

VRビジネスをまとめて体験できる施設がオープン! 医療・介護・防災など様々な体験が可能に

株式会社ジョリーグッドは、この度当社が手がける医療、介護、発達障害、防災そして安全教育などのビジネス向けVRを一挙に体験できる「VR BUSINESS SHOWROOM」(ブイアール・ビジネスショールーム)を東京都中央区人形町にオープンした。
本施設は、ジョリーグッドが様々な業界のパートナーらと開発するビジネス用途のVRサービスを一挙に体験しながら、そのポイントを短時間で吸収できるショールーム。また、VR体験中の自分をVRコンテンツを背景に写真撮影したり、体験したVRコンテンツをスマートフォンで簡単に持ち帰ることもできる機能を備えた、VRテイクアウト型のVR体験施設となっている。

■VRを持ち帰り!VRビジネス活用

スマートフォンでQRコードを撮影するだけで体験したVRコンテンツを持ち帰ることができ、どこでも再体験が可能。今までは、伝えることが難しかったVR体験を持ち帰ることで、自社内で共有や提案の際にそのまま役立てることができるという。

■業界とVRを知り尽くしたベテランプロデューサーによる講座も

コンシェルジュによるスペシャルセッションでは、VR研修・教育が活用されている分野や、VRに向いている研修・教育、費用対効果などのポイントをレクチャーする。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。