WATCH

手術室のVRライブ配信サービス、日本医科大学付属病院と共同検証を開始 医療現場の課題解決へ

株式会社ジョリーグッドは手術室に高精細360度VRカメラを常設し、VRライブ配信とクラウドへのデータ蓄積を同時に行うシステム「オペクラウドVR」を開発したと発表した。ジョリーグッドは日本医科大学付属病院と共同で、オペクラウドVRの運用におけるプライバシー処理や患者や家族への撮影許諾のフローを検証し、実際の医療現場への普及と定着を実現するとのことだ。
オペクラウドVRは、熟練医師の手技を始め、第一助手やベテラン看護師、メディカルエンジニアなど治療現場にいる専門スタッフの視野を、常設された高精度な360度VRカメラでライブ配信し、同時にデータ蓄積管理を行う統合システムソリューション。

導入した病院はオペクラウドVRを活用することで、ベテラン医師の技を手術室に入ることなく若手医師や医学生らに体験させることが可能で、医療技術の伝達を加速する。また症例における術者目線の360度視野を共有することで他の医師との意見交換を活発にし、医療訴訟のリスク対策から医療機器メーカーとの共同研究のきっかけの醸成まで、多様な側面から医療安全と医療技術の進化を後押しするという。

■進化の早い医療に求められる教育革命

医療技術は進化が早く、日々高度化している。これまでのような熟練の手術に立ち会う形での医療教育には、移動の手間や立ち入れる人数の限界など、多くの課題があった。また治療の現場に立ち会っても、術野をしっかり見るためには、近づいて見る必要があったが近づき過ぎると逆に治療を邪魔してしまう、という課題もあったとのことだ。

オペクラウドVRが実現するヴァーチャル臨床体験は、見学人数や立ち位置を気にすることなく、たとえ立ち会うことができない症例でも、いつでも好きなときに体験学習することができる。360度どこでも見ることができるVRにより、それぞれが異なる動きをする治療スタッフの動きを、全体の流れとともにしっかり把握、確認することができる。
出典元:プレスリリース

■オペクラウドVRとは

オペクラウドVRとは、手術室に360度カメラを常設することで、手術室の外でVRライブ配信を実現する。また、同時に自動的にクラウドにデータを蓄積し管理する、手術室常設VR360度撮影配信ソリューション。ライブ配信をしない撮影データのクラウド保存のみも可能で、クラウドに保存されたアーカイブVR動画は、医師や看護師の教育や学会でのセミナーなど、様々な活用が可能。
出典元:プレスリリース
<オペクラウドVRのメリット>

【病院・医師・看護師】
・希少症例の術者目線で360度で共有
・医師同士の意見交換を活性化
・企業との共同研究の機会創出
・プロクタリング後の復習に
・若手医師や医学生の臨床教育を加速

【医療機器メーカー】
・自社製品の活用体験で営業を教育
・自社製品を使う医師とのコンタクトが円滑化
・クリニカルスペシャリストの教育・養成に
・プロクタリング後のフォローサポート対策に
・学会での出展・セミナーの集客に

【学生・新人医療関係者】
・立ち入れない治療現場を医師目線で学習
・現場スタッフそれぞれの視野をVRで体験
・VR授業で刺激的なヴァーチャル実習講義を実現
・新しい教育スタイルで学生の応募率向上
出典元:プレスリリース
【オペクラウドVRの機能】
・術者目線を高精度360度カメラでVRライブ配信
・複数同時にVRライブ視聴で手術見学の限界を拡大
・配信データを録画し、クラウドへ蓄積して管理
・セキュアな暗号化システムで安全な情報管理
・蓄積データはいつでもどこでもVRゴーグルで視聴可能

<オペクラウドVRのセキュリティ>
オペクラウドVRは、医療情報システムで多数実績のあるベンターのクラウドシステム(AES256によるサーバサイド暗号化)を採用し、3省3ガイドラインに準拠したシステム構築、運用を行うことで情報セキュリティの堅牢性を確保する。

人気の記事