Today's PICK UP

360度映像や写真で臨場感「日経VR」アプリをリリース

日本経済新聞社は、スマートフォンで360度の映像や写真を楽しめるVR(仮想現実)アプリ「日経VR」をリリースした。「日経VR」は、360度の映像や写真でニュース現場の臨場感を体験したり、仮想空間で芸術作品を鑑賞したり、旅行気分を味わうことができる無料アプリだ。
アプリを起動し、メニュー画面から好みのコンテンツを選択すると、スマートフォンだけで手軽にVR体験ができる。簡易型VRゴーグルを使えば、より没入感のある映像体験を楽しむことができる。

すでにリリースしている「日経AR」アプリに「日経VR」アプリが加わることで、新聞紙面にとどまらない新しい情報発信や表現が可能になる。VRジャーナリズム、VRを活用した広告やイベント、VRミュージアムなどの新しいコンテンツを提供するという。第1弾として、「NIKKEI STAY HOME PROJECT~日本全国スマホでお花見~」企画をスタートする。日本全国20か所以上で撮影した桜を360度写真で公開。なかなか外出がかなわず、見ることができなかった今年の満開の桜を、自宅でも日経VRアプリで楽しむことができる。今後も桜前線にあわせて、順次各地の桜を公開するとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。