Today's PICK UP

ふるさと納税のオンライン体験型返礼品『さといこ おうち体験』が実際の体験の様子を公開 山形の蔵元と東京都民をオンラインで繋ぐ

株式会社ROOTsが運営する、 “体験返礼品を日付指定で即時予約できるふるさと納税ポータルサイト「さといこ」” は、4月9日よりオンラインで全国の地域体験ができるふるさと納税の体験返礼品『おうち体験』を開始しており、参加者や主催事業者の声など実際の体験の様子を公開した。

■寄附受付を開始した背景

「さといこ」の特徴は「ふるさと納税で全国へおでかけに行けること」だが、政府からの外出自粛要請を受け、本サービスは4月8日より移動を伴う返礼品の寄附受付を中断している。全国的に自宅で過ごす時間が増えていること、観光事業者や地方自治体が悩みを抱えている状況を受け、双方の課題解決のため自宅からオンラインで地域体験ができる返礼品を作ったという。

■オリジナル返礼品 『おうち体験』 の内容

・概要
「さといこ」ならではの各地に根付いた地域体験に、自宅からオンラインで参加できる。

・体験フロー
①「さといこ」から好きな『おうち体験』プランを探す
②日程を選択し、ふるさと納税で申し込む(クレジットカード決済のみ)
③オンライン体験用のURLが事業者から送られてくる(プランによっては郵送で品物も届く)
④指定の日時にURLをクリック、自宅からオンラインで地域の人と繋がり地域体験ができる

・提供プランの一例
町長とオンライン移住相談ランチ(長野県御代田町)
元高校教師直伝!成功する農業のやり方(長野県富士見町)
日本酒「やまと桜」を飲みながら蔵元に話を聴こう<日本酒付き>(山形県庄内町)
畑からの直行便〜母さん自慢の一品を作ろう!〜<米・枝豆味噌など付き>(秋田県仙北市)
料理不得意系農家が教える、アスパラ料理教室!<アスパラ付き>(愛知県南知多町)

■実施された体験例

体験名: 山形県庄内町 ― 蔵元と語りながら地酒を飲もう < 地酒3種付き >
主催者: 佐藤佐治右衛門 佐藤 元 代表、庄内町地域おこし協力隊 國本 美鈴氏

・当日の流れと感想
テレビ会議のURLを開始時刻にクリックすると、主催者の佐藤代表と協力隊國本氏と対面。今回は東京都在住の3名の参加者が、事前に郵送で届いた地酒を各々の好きなツマミと合わせて集まった。

「時間になりましたので、まずは乾杯しましょう。」と佐藤代表の一言で体験が始まり、そこからは「日本酒の種類の違い」などの質問から、「佐藤さんが作るお酒のこだわりは?」などまで様々な会話が飛び交った。参加者はもちろん佐藤代表も自慢の「やまと桜」を飲みながら和気あいあいと体験が進行。実際の酒蔵からの中継とあり、最後には普段見られない施設の説明もあって1時間超の“飲み会”が終了。参加者からは「素敵な出会いだった、今度は直接庄内に行ってお話したい」などの声が上がっていた。

体験画像
出典元:プレスリリース
オンライン乾杯から始まり、日本酒の基本知識や、酒蔵の特徴などを教わった。最後には、酒蔵内の案内もあったという。

感想:
・地域と繋がって応援できるという、ふるさと納税の本質を実感できてよかった(30代男性)
・地域に入り込んだ感じがして、おでかけの情報収集・事前予習になった(30代女性)
・コロナが落ち着いたら実際に庄内に行って、直接蔵元さんに会ってみたい(30代女性)
・初めての人への販促として良い企画、ここから蔵のコアなファンが増えたら嬉しい(佐藤代表)
・町を知ってもらうとても良いきっかけ、実際に庄内に来てもらえると良いな(協力隊國本氏)

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。