Today's PICK UP

設置型社食サービス「OFFICE DE YASAI」、個人宅向けに“サラダのサブスク”サービスを開始

オフィス向け”置き野菜”サービス 「OFFICE DE YASAI (オフィスで野菜)」 を展開する株式会社KOMPEITOは、新型コロナウィルス感染拡大の影響により全国で外出自粛・在宅勤務が進められる中、個人宅での“手軽で健康的な食事”への需要の高まりを受け、個人宅向けにサラダの定期宅配サービスを開始すると発表した。
新型コロナウィルス感染拡大防止のための外出自粛により、テレワークを実践している全国のオフィスワーカーから、1日3食を自宅でとることによって「準備や料理の手間と時間がかかる」「炭水化物の食事に偏りがちで野菜不足」といった悩みが聞かれるようになり、テレワーク中の食事環境についてアンケートを実施した結果、以下の結果が得られたという。

■「テレワーク中の食事環境に関するアンケート」調査結果について

同社独自の電子決済アプリ「YASAI PAY」を通じて、テレワークをしているオフィスワーカーへアンケートを実施。(2020年4月実施_調査対象:現在リモートワークしている20歳~69歳の男女308名_インターネット調査)調査結果では、「食事や栄養に偏りを感じていますか?」(表1)という質問に半数以上が「感じている」と回答した。
出典元:プレスリリース
また、「自宅で野菜を食べる際に課題と感じることは何ですか?(複数回答可)」(表2)という質問に対しては9割以上が「課題がある」と回答し、最も多かったのが「切ったり調理したりする手間がかかる(45.0%)」、次いで「買いに行くのが面倒(40.1%)」、「購入した食材を余らせてしまいがち(38.4%)」という結果だった。
出典元:プレスリリース
さらに、「手軽に野菜を取れるサービスがあれば利用したいと思いますか?」(表3)という質問に対し、全体の7割から「利用してみたい」という回答結果が得られた。上記のニーズを受け、調理や購入の手間や食材の余りといった課題を解決し、尚且つ栄養バランスが取れた「サラダごはん」を定期的に自宅へ届ける“サラダのサブスク”サービスをスタートするとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。