Today's PICK UP

電話注文に24時間自動応答する飲食店向け電話サービスが無償提供を開始

コグラフ株式会社は、新型コロナウイルスの感染拡大により甚大な影響を受けている飲食店を支援するため、テイクアウトやデリバリーの電話注文に24時間自動応答するシステム『マヤイforテイクアウト』を開発した。感染拡大防止に取り組んでいる飲食店を対象に、本サービスを2020年9月6日まで無償で提供する。
「マヤイforテイクアウト」は、テイクアウトやデリバリーの電話注文の一次対応を代行する、飲食店専用の電話応答システム。着信すると音声ガイダンスで利用者の用を聞き、テイクアウトやデリバリーの注文内容に合わせて、店舗の店長やスタッフに電話を転送する。それ以外の内容やスタッフが不在で電話対応ができない時には、利用者の用件を聞き取った録音データをスタッフへ自動転送する。録音内容は携帯電話からすぐに再生でき、内容に応じて電話の折り返し対応を行うことで、忙しい時間帯で電話を受けることができない場合でも、予約を取りこぼすことがなくなる。営業時間外も24時間注文を受け付けることが可能になるため、飲食店と利用者の双方にメリットのある仕組みになっている。

また、「マヤイforテイクアウト」はクラウド上にシステムを構築しているため、携帯電話とインターネット環境のみで、すぐにスタートすることができる。低コストで導入・運用できるのも大きな特長で、事業規模の大小を問わず、全ての飲食店で活用できるとのことだ。
出典元:プレスリリース
新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、テイクアウトやデリバリー展開を行う飲食店を支援するため、申し込み先着100店を対象に『マヤイforテイクアウト』を無償で提供する。無償提供期間となる2020年9月6日まで、費用は一切発生しないという。

■頑張る飲食店を応援!『マヤイ for テイクアウト』無償提供

キャンペーン概要
提供サービス :マヤイforテイクアウト
申し込み期間 :2020年5月末まで
提供期間   :2020年9月6日まで
提供対象   :申し込み先着100店
※無償提供は、期間の終了に伴い契約が終了し、有料サービスへ自動的に切り替わることはない。
※無償提供の終了後、2020年9月7日以降も継続して利用する場合は、2020年9月分の基本料金は0円となる。2020年10月以降は通常料金の基本料金、従量料金、通信料が発生する。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。