WATCH

ビール業界支援のWebプラットフォームがリリース オンライン営業で収益確保のサポートへ

「オンラインタップルーム実行委員会」は、新型コロナウイルス感染症拡大により長期間の営業自粛を余儀なくされたビアバーやビールメーカーの収益確保をサポートするために、Web上の仮想タップルームを通じてオンライン営業ができるプラットフォームサービス『オンラインタップルーム』をリリースした。
「オンラインタップルーム」は、新型コロナで苦境に陥ったビアバーを守るためのサービス。利用者はWeb上でビアバーを選んで入店料を払い、ビールをオーダーすると、メーカーやインポーターからビールが自宅に届く。ビールを受け取ったら、各ビアバーが運営する仮想タップルームに「入店」することができる。このオンラインタップルーム(以下、OnT)の魅力は、スタッフや仲間との時間を共有できることだという。タップルームに通う人が増えると、店舗を守るための売上が確保できる。

■「オンラインタップルーム」サービスの流れ

出典元:プレスリリース
OnTでは、利用者はサイト上に登録されたビアバーから行きたい(支援したい)店を選び、OnTチケット(参加料)を電子決済PayPalで支払う。次にブルワリーリストからOnTオリジナルのビールセットを選択、メーカーから発送されたビールを代引きで受け取る。ビアバーから届くOnT開催概要に従って開催日に指定方法で仮想タップルームに“疑似来店”。自宅にいながらスタッフや他の利用者と交流することができる。
出典元:プレスリリース
OnTチケットを購入すればビールを購入しなくても利用できるため、利用者は複数の店舗を行き来する「はしご酒」のような楽しみ方もできる。

■OnTを利用するメリット

ビアバー
電子決済利用とオンライン接客のため、スタッフや利用者同士の感染リスクがなく、実店舗休業中でも売上が見込める。店舗の魅力をPRすることで、通常営業に戻った際の来店促進や新規顧客の獲得につながる。また、オンラインならではのイベントや集客力のあるコンテンツを企画することで、新たな収益源として中長期的に活用できる。

メーカー/インポーター
不良在庫のキャッシュ化による売上確保、卸先であるビアバーを守ることで新規取引先やファンの獲得につながる。

利用者
守りたい店舗を支援することができる。行きつけの店はもちろん、行ったことのない憧れの名店や、引っ越しで足が遠のいてしまった昔なじみの店など、遠方からでもその店舗のサービスを受けることができる。

■リリースの背景

OnT実行委員会の核となる団体「静岡クラフトビアマップ」は、県内のビアバーやブルワリーを紹介する小冊子『静岡クラフトビアマップ』を約15万部刊行、ビール文化の発展と普及に努めてきた。しかしながら、長引く営業自粛によって掲載されている飲食店の売上げは激減、経営の危機に面している。メーカーはECサイトを通じて販売できるが、サービス提供の手段を絶たれたビアバーには打開策がないという。

前払い型の飲食券や期限付酒類小売業免許によるテイクアウト販売も可能になったが、未来の売上を先取りするリスクがあることや、専用資材やオペレーション構築が必要になるため、本来の売上には及ばない。何よりも、ビアバーの付加価値である「ビールを通じたお店でのコミュニケーション・ブリックな交流」は実現できない。飲み手としても、支援したくてもビアバーの支援策がなかったことや、テイクアウト商品を買いに外出するのも感染リスクが少なからずあることから、不安の声が上がっていた。そこで、利用者との交流の場をオンラインでつなぐことで、オフラインに近い形の営業が続けられ、ビアバーという環境を守ることができる支援サービスが必要だと考え、OnTを立ち上げたとのことだ。

人気の記事