Today's PICK UP

アートによる地域活性化を目指す、BtoB向けサブスクリプションサービスが開始

作家支援事業「Satisfactor(y)」は自社開発したアートプラットフォームと連動する「どこでもアートを届け展示監修しアートによる広報発信を行うことが可能なアート貸出サービス」を定額制で提供する。

■全体の仕組み

このサービスを介し作品を置くことで「現地のスペース・作品・作品提供者・そのファンや作品及び空間に興味を抱いた人」をアプリとWEBサイトが連動するプラットフォーム(基幹システム)によって繋ぎ、新たなスペース自体の利用者層を構築することが可能となる。
出典元:プレスリリース

■情報拡散の流れ

作品の提供者とスペースを訪れたアプリのユーザーが投稿を能動的に代行することでスペース運営者の広報における負担を減少させ、アプリのユーザー・作者のファンからSNSを介してユーザー外の潜在顧客への周知も可能。
出典元:プレスリリース
作品提供者が展示を登録(本サービスでは運営が代行)し、作品詳細ページをSNSでシェアすることによって投稿やアプリのマップを見て足を運ぶ人が増え、スペース自体の利益に繋がる。外出自粛時は地域の人にとっての少ない移動で可能な娯楽の一つになる。
出典元:プレスリリース
画像投稿やコメントが際限なく繰り返されることで特定の誰かが更新をすることなく情報が最新に更新され、より楽に作家・アート業界・地域経済を活性化し続ける事が可能となる。これにより打撃を受けた地域の復興後の文化的な回復力も高めることが可能だという。

■サービス概要

・MAPアプリ側の機能
ユーザーが街で見かけた作品を写真に撮って場所と共に共有出来る
作者はポートフォリオに登録した自分の作品の展示を設定公開出来る
現在地を中心に近くで開催中の展示情報やユーザー投稿の写真がマップ上に表示される
アプリ利用者は写真や展示情報をMAP上で確認し能動的に街の回遊を愉しむことが出来る

・ポートフォリオサイトの機能
各作家のプロフィールや登録作品のリストを閲覧可能
フォローやイイねやコメントなどSNSとして必要なコミュニケーション機能を完備する
他のSNSへの同時投稿によりユーザー外の多くの方に情報拡散が可能
本募集を対象としたスペース側アカウント及び追加広報機能を実装予定(現在準備中)

人気の記事