Today's PICK UP

製造業IoT活用の課題分類と解決手法8選(オリジナルチャート)が公開

株式会社NTCは、2020年5月25日、センシングから通知・見える化までの課題を解決しやすくするオリジナルチャートをリリースした。

■オリジナルチャート開発の想い

2019年度の同社調べによると、製造業のIoT化については約54%が既にセンサーデータを収集しており、IoTの次のステージである「データ分析」や「通知・見える化」など、IoT技術を駆使して様々な業務改善に取り組んでいるという。

図1:製造業のIoT化進展状況(同社調べ)
出典元:プレスリリース
しかしながら、先行してIoTを採用している企業においても、「IoT化の進展状況」や「改善したい現場の課題」の組み合わせによりその解決策は様々だ。図1に示す通り、46%の企業ではデータ収集に取り組む段階でありながらも、データ収集がうまくいかない、またはデータ加工が不十分であることが明確になっており、IoT化がうまく進まない要因の1つとなっている。

同社の提供する製品トラブル自動検出ソリューションLOSSØは、2018年に提供を開始して以来、多くの顧客に利用されているという。製造業における課題解決をしていく中で、顧客の抱える課題とその状況について、体系化に成功。そして、他にも多くの人が、同じ悩みを抱えているのではないかと思い、代表される課題と解決手法がわかる「オリジナルチャート」の開発に至ったとのことだ。

■オリジナルチャート特徴

オリジナルチャートでは、現場の課題と、IoT化を進める上での課題を分類することができる。分類した上で、同様の課題解決事例を紹介し、その事例により、自社の進展状況を明確にしつつ、IoT化の活用と進め方、ゴールまでのステップが見える化できるようになっている。
出典元:プレスリリース
オリジナルチャートのダウンロード申し込みはこちらから。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。