Today's PICK UP

知育教材を届けるサブスクリプションサービスの展開が開始 AIが子どもの才能を分析し個別最適化を行う

株式会社トイエイトホールディングスは 2020年5月に設立され、東南アジアを中心に子どもの才能を分析し個別最適化した知育教材を届けるサブスクリプションサービスの展開を行う。また、同時にクオンタムリープベンチャーズ株式会社が運営するQXLV投資事業有限責任組合と株式会社アルコパートナーズより第三者割当増資を実施したことを発表した。

■株式会社トイエイトホールディングスについて

トイエイトは”すべての子どもが才能を発揮できる世界をつくる”ことを目指し、民間の教育市場規模が約28兆円で今後も急速に成長が期待される東南アジアを中心にサービス展開を行う。保護者が抱える自分の子どもにあった学びと遊びを継続して提供したいという問題を解決するために、独自のセンシング技術やAIを用いて遊んでいる子どもの才能を分析し、それぞれの才能にあった教材を提供する。今後、才能最適化された知育キットが毎月届く「TOY8 BOX(トイエイトボックス)」や、ショッピングモール内の才能が分かる遊び場「TOY8(トイエイト)」のサービスをマレーシアにて開始する予定。

■サービスを実現する 3 つの特徴

独自のセンサー、AI 技術を使用した才能発見エンジン「GIFT」
「GIFT(Gifted Intelligences Finding Technology)」は元MITリサーチディレクターでトイエイト創業者/CTO のDrマヘンダを中心に開発中の才能可視化システム。遊んでいる子どもの行動や生体データを分析し、多様な才能を見つけ最適な学習の提案を受けることができる。
出典元:プレスリリース
多重知能(マルチプルインテリジェンス)理論に基づくサービス設計
ハーバード大学教育学大学院教授のハワード・ガードナー教授が提唱する多重知能理論に基き8 つの個性によって異なる遊びと学びを提供する。
出典元:プレスリリース
教育の専門家とのアライアンス
多重知能理論の専門家で有賀 三夏氏、教育専門家の小川 大介氏がサービスの監修を行う。

■トイエイトが運営するオンラインサロン「こどもの才能発見 LAB」

日本での事業展開の一環として、オンラインサロン「こどもの才能発見 LAB」をスタート。親が研究員となり学びながら、子どもの才能の発見や能力開発を実践していくコミュニティを目指し、コロナ時代におけるオンラインでの遊びなどを開発するとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。