Today's PICK UP

やよい軒、新しい生活様式に対応するために「ごはんおかわりロボ」を全店に順次導入

株式会社プレナスは、定食レストラン「やよい軒」を、2020年5月末現在382店舗展開している。「やよい軒」では、利用者が安心して食事を楽しめるよう、新しい生活様式に対応した様々な感染症対策を行っているという。一例として、安全に定食のごはん「おかわり自由」を利用できるよう、“ごはんおかわりロボ”を全店に順次導入する。
出典元:プレスリリース

■“ごはんおかわりロボ”の概要

“ごはんおかわりロボ”に茶碗をセットし、好みのごはんの量のボタンを押すと、ごはんを自動でふっくらと盛り付ける。ご飯の量は、50gから、小盛100g、並盛150g、中盛200gから選ぶことができる。
出典元:プレスリリース

■テーブルへのパーテーションの設置

出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。