Today's PICK UP

セブン&アイ、外部施設で専用ロッカーのテスト運用を開始 配送業の「ラストワンマイル問題」への取り組みの一環

株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、2020年6月8日(月)より、「冷蔵・冷凍・常温」の温度帯に対応した『7&i ロッカー』のテスト運用を、同取り組みでは初のグループ外施設となる“うぃず西新井保育園”にて、開始すると発表した。
本取り組みは、事業者と利用者までを結ぶ最後の区間である「ラストワンマイル」の取り組みの一環として実施している。利用者が『イトーヨーカドー ネットスーパー』サイトで注文した商品が、“うぃず西新井保育園”の併設するスペースに設置された専用の『7&i ロッカー』に搬入され、商品に適した温度で保管される。その後、利用者のライフスタイルに合わせた時間に、ロッカーを開けて受け取る仕組みだ。今回の取り組みでは、子どもの日々の送り迎えという日常の行動の中で商品を受け取ることが可能となり、更なる利便性の向上が見込まれるとのことだ。

■今回のテスト概要

注文対象店舗:『イトーヨーカドー ネットスーパーアリオ西新井店』
受け取り場所:うぃず西新井保育園の併設スペースに設置。
利用方法:
①利用者がイトーヨーカドーネットスーパーにて商品を注文する。
②注文した商品が該当の『7&i ロッカー』に収納される。
③注文完了メール内に記載された「お問合せ番号」を『7&i ロッカー』のディスプレイ画面に入力し、扉を開け、商品を受け取る。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。