Today's PICK UP

「子どもの行動・特性可視化」事業が実証実験開始 保育園の様子を撮影・データ分析し、子育てに活用へ

サッポロ不動産開発株式会社は、保育園や幼稚園に通う子どもを持つ保護者向けに、自分の子どもの行動や性格の特性を踏まえた有識者からのコメントを受け取れるサービスを提供する「働く保護者向け子どもの行動・特性可視化事業」の実証実験を同社が北海道札幌市で運営する複合商業施設サッポロファクトリー内の保育園を含む札幌市内の2拠点で行うと発表した。
本実証では、NTTコミュニケーションズ株式会社および株式会社クニエの支援のもと、保育園にカメラを設置し、生活の様子を撮影、そのデータをもとにそれぞれの子どもの行動や性格の特性を時系列で分析し、保護者や保育園や幼稚園の運営事業者等に向けた子育てに関わる各種支援につなげる活用方法を検証するという。

同社では、昨今のデジタル化の進展や価値観の変化に合わせ、IoTや最新テクノロジーを活用して、時代に合わせた新たな価値の提供を目指し取り組みを行っている。本事業では、家庭を離れ多くの時間を過ごす保育園・幼稚園における子どもの客観的な情報を活用し、保護者が子どもと楽しく自信を持って関われるようになることで、今後益々増えるであろう共働き子育て家庭をサポートすることを目指すとのことだ。
出典元:プレスリリース

■実証実験概要

内容
保育園にカメラを設置し、園児の行動を撮影、そのデータをもとに、それぞれの子どもの行動や性格の特性を時系列で分析し、保護者や園の運営事業者等に向けた子育てに関わる各種支援やサービス提供につなげる活用方法を検証する。
<検証内容>
・データ取得及び分析方法の検討
・提供サービス内容のサンプルデータ作成
・サンプルデータをもとにした保護者ヒアリング
・サンプルデータをもとにした保育園・幼稚園ヒアリング
・サンプルデータをもとにした教育関連企業ヒアリング

期間
6月11日(木)~7月31日(金)

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。