Today's PICK UP

中途採用の「オンライン選考」実態調査 最大のメリットは「遠隔にいる人とも面接可能」

エン・ジャパン株式会社が運営するミドル世代のための転職サイト『ミドルの転職』上で、サイトを利用している転職コンサルタントを対象に「オンライン選考」についてアンケートを行ない、211名から回答を得た。

■調査結果 詳細

1:採用企業がオンライン選考を導入する最大のメリットは「遠隔の方とも面接可能」。世界規模で良い人材を見つけられる、とのコメントも。(図1)

転職コンサルタントに採用企業がオンライン選考を導入するメリットについて聞いた。9割がメリットとして挙げたのは「面接地から遠隔にいる人とも面接をできる」という点。「時間的にも効率で、日本全国や世界規模で良い人材を見つけられる」「地方企業や大手地方拠点にとってオンライン面接の恩恵は絶大」といった声が寄せられた。また「日本への帰国を希望する転職者が以前よりも増加。柔軟にリモート面接を行うことで、候補者のパイプラインが増加している」といった新たな潮流を伺わせるコメントも見られた。その他、「移動時間が不要となるため、面接日程の調整が容易になる」(84%)、「求職者と早期に会うことができ採用スピードが上がる」(67%)が続いた。

【図1】「採用企業がオンライン選考を導入するメリット上位3点を教えて下さい。(複数回答可)」
出典元:プレスリリース
2:3割の転職コンサルタントが「半数以上の企業が最終面接を含め、すべてオンラインで実施」と回答。6割が「半数以上の企業で最終面接以外でオンライン面接を実施」と回答。(図2)

転職コンサルタントに「最終面接まですべてオンライン面接を実施している企業は何割程度か」聞いたところ、15%が「8割以上」、17%が「7割~5割」と回答した。「半数以上の企業が最終面接までオンライン面接を実施している」との回答は32%となった。また、最終面接以外をオンラインで実施している企業については60%(8割以上:27%、7~5割:32%)、一次面接のみオンラインで実施している企業については65%(同:30%、35%)の転職コンサルタントが「半数以上実施している」と回答した。

【図2】「面接をオンラインにしている企業は全体の何割程度ありますか?」
出典元:プレスリリース
3:採用企業がオンライン選考をしない理由、「直接会ってみたら印象が違った」、「非言語情報の判断の難しさ」。(図3)

採用企業がオンライン選考を導入しない理由を聞いた。上位に挙げられたのは「直接会ってみたら印象が違ったという事例があった」(61%)、「非言語情報がオンラインでは判断し辛い」(59%)だった。その他と回答した人からは「セキュリティに関する社内方針から」「求職者側にネット環境が整っていない場合があるため」「役員クラスは対面を希望する人が多く、その風習がある」といった声が寄せられた。

【図3】「採用企業がオンライン面接を導入しない理由の上位3点を教えて下さい。(複数回答可)」
出典元:プレスリリース
4:オンライン選考で気を付けるべきこと、採用担当者は「ネットワークトラブル時の対応の事前提示」、「面接案内文に使用ツールを明文化する」。求職者は「通信環境の確認」「音声への配慮」。 (図4、図5)

採用担当者・求職者それぞれがオンライン選考において気をつけるべきことを聞いた。採用担当者側では「ネットワークトラブル時の対応について求職者に事前に指示を出す」(58%)、「面接案内文に利用するツールの準備について明記をする」(52%)が上位に挙げられた。「接続が上手くいかず、開始予定時刻が大幅に遅れ、求職者も動揺を招いてしまったこと」「利用するツールの案内が遅く、面接時間に求職者側で準備が間に合わなかったケースがある」といったコメントが寄せられた。面接をスムーズに実施出来るよう、情報を事前に周知しておくことが大事だと言えそうだ。

また、求職側については「面接前に通信環境をチェックする」(82%)、「音声に配慮しオープンスペースではなく静かな個室を選ぶ」(61%)が上位に。「通信環境が悪いと画像が固まったり音声がかぶるので、面接がスムーズに進まないことがある」「営業所内でWEB面接を受けられた方がおり、音声に雑音が混ざり上手く聞き取れない等の問題が発生した」といった声が寄せられた。

【図4】「オンライン選考において採用担当者が気を付けるべき上位2点を教えて下さい。(複数回答可)」
出典元:プレスリリース
【図5】「オンライン選考において求職者が気を付けるべき上位3点を教えて下さい。(複数回答可)」
出典元:プレスリリース
調査概要
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:『ミドルの転職』を利用する転職コンサルタント
有効回答数:211名
調査期間: 2020年6月3日 ~ 6月9日

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。