Today's PICK UP

アーティストのライブ活動サポートサービスがリリース 本格的な音楽ライブや劇場型公演を実施へ

株式会社CyberZが提供する動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」(オープンレックティービー)は、アーティストのライブ活動をサポートする「SUPERLIVE by OPENREC」をリリースしたと発表した。
「SUPERLIVE by OPENREC」では、これまでOPENREC.tvがゲームライブ実況配信やeスポーツ大会配信で培ったフルHDの高画質&超低遅延(最速0.810秒)放送技術やクリエイティブナレッジ、サウンド演出、ノウハウを活用し、本格的な音楽ライブや、劇場型公演を実施する。これまで、大会視聴数700万を記録した国内最大級のeスポーツ大会「RAGE」を立ち上げ、ゲーム配信だけでなくさまざまなジャンルの著名人も多く利用し、月間利用者数が300万人を越えるプラットフォームとなった。

約1,200平米、天井高5mの都内自社スタジオ「OPENREC STDIO(オープンレックスタジオ)」は音楽ライブ専用機材を追加導入し、アーティストや舞台のオンラインライブ支援の仕様に対応し、業界最高水準の演出を提供するという。

■特徴

・約1,200平米の自社スタジオ
出典元:プレスリリース
約1,200㎡のOPENRECスタジオ(都内某所)。CG演出に必要な機材やバンド編成/大人数ユニットにも対応可能な大型スタジオや控え室/メイク室なども複数完備している。

・業界最高水準の高画質(フルHD)と超低遅延
出典元:プレスリリース
業界最高水準の1秒を切る超低遅延モードで、解像度1920x1080p & 最大フレームレート60fpsの高画質配信が可能だ。高画質でラグの少ないチャットコミュニケーションが実現できる。他にも企画から制作/配信、レポーティングまでワンストップでサポート可能な体制や、広告代理店のノウハウを生かした独自のプロモーションパッケージも提供可能だという。また、海外ユーザーも視聴可能で、ニーズに合わせた様々なユーザー特典(オリジナルスタンプやオンラインアフターパーティなど)も提供することができるとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。