Today's PICK UP

アーティストのライブ活動サポートサービスがリリース 本格的な音楽ライブや劇場型公演を実施へ

株式会社CyberZが提供する動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」(オープンレックティービー)は、アーティストのライブ活動をサポートする「SUPERLIVE by OPENREC」をリリースしたと発表した。
「SUPERLIVE by OPENREC」では、これまでOPENREC.tvがゲームライブ実況配信やeスポーツ大会配信で培ったフルHDの高画質&超低遅延(最速0.810秒)放送技術やクリエイティブナレッジ、サウンド演出、ノウハウを活用し、本格的な音楽ライブや、劇場型公演を実施する。これまで、大会視聴数700万を記録した国内最大級のeスポーツ大会「RAGE」を立ち上げ、ゲーム配信だけでなくさまざまなジャンルの著名人も多く利用し、月間利用者数が300万人を越えるプラットフォームとなった。

約1,200平米、天井高5mの都内自社スタジオ「OPENREC STDIO(オープンレックスタジオ)」は音楽ライブ専用機材を追加導入し、アーティストや舞台のオンラインライブ支援の仕様に対応し、業界最高水準の演出を提供するという。

■特徴

・約1,200平米の自社スタジオ
出典元:プレスリリース
約1,200㎡のOPENRECスタジオ(都内某所)。CG演出に必要な機材やバンド編成/大人数ユニットにも対応可能な大型スタジオや控え室/メイク室なども複数完備している。

・業界最高水準の高画質(フルHD)と超低遅延
出典元:プレスリリース
業界最高水準の1秒を切る超低遅延モードで、解像度1920x1080p & 最大フレームレート60fpsの高画質配信が可能だ。高画質でラグの少ないチャットコミュニケーションが実現できる。他にも企画から制作/配信、レポーティングまでワンストップでサポート可能な体制や、広告代理店のノウハウを生かした独自のプロモーションパッケージも提供可能だという。また、海外ユーザーも視聴可能で、ニーズに合わせた様々なユーザー特典(オリジナルスタンプやオンラインアフターパーティなど)も提供することができるとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。