Today's PICK UP

ヨックモック、公式アプリをリリース 贈り物を記録する「ギフト手帳」機能を搭載

株式会社ヨックモック は、2020年6月17日(水)からヨックモック公式モバイルアプリ(iPhone/Android)の提供を開始すると発表した。
現在は外出自粛の影響で、自宅でスマートフォンを利用する時間が増加し、友人と交際する機会や、職場でのコミュニケーションが減少している。お世話になっている人へ日頃の感謝を伝えることが難しい状況だが、今回のアプリ配信を通して、ヨックモックはお菓子の紹介と共に大切な人への贈り物をサポートするという。本アプリでは、大切な人へ贈り物を選び、購入して渡し、思い出を記すまでのあらゆる場面にヨックモックが寄り添うとのことだ。商品紹介や店舗情報の検索、オンライン上での購入はもちろんのこと、贈り物の記録が付けられるオリジナル機能「ギフト手帳」や贈答マナーを載せた「コラム」、洋菓子ブランドならではのスイーツレシピが満載の「レシピ」特集など、様々な機能がある。

■3つの特徴

・大切な贈り物を手帳のように記録
日常の中で気づいたときに留めておくことで、誕生日やお祝いごとに向けて準備ができる。
・贈り物のマナーや知識が身につく
贈答のマナーを知っていると、きちんと気持ちが伝えられる。
・ヨックモックのお菓子がいつもそばに
季節のお菓子のお知らせや、ヨックモックのクッキーレシピを届ける。

■5つの機能

・ギフト手帳
ヨックモックの商品に限らず、ギフトを一括して記録・管理できる手帳機能。いつ、どこで、誰に、何を贈ったか(もらったか)を画像付きで残せるので、思い出を大切に保管できる。また、人物登録機能があるため、大切な人の誕生日が近づくとリマインドし、その時期にぴったりの商品を紹介。忘れてしまいがちな慶弔関係の返しなど、このギフト手帳があれば見落とさずに管理できるという。
出典元:プレスリリース
・コラム
ヨックモックの「ギフトの教科書」から贈り物のアイデアを紹介する。冠婚葬祭、水引や表書きの体裁など、贈答について知識やマナーをわかりやすく学べる。
出典元:プレスリリース
・レシピ
ホームパーティーの手土産や日々のちょっとした贈り物にぴったりな、自宅で手軽に作れるクッキーレシピを公開する。
出典元:プレスリリース
・商品紹介
新商品や限定商品の情報を届ける。オンラインショップと連携しているため、気になった商品はその場で購入することも可能だ。
出典元:プレスリリース
・店舗検索
国内約180店舗、海外約80店舗(期間出店含む)の中から、店舗を検索できる。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。