Today's PICK UP

LINEチャットボットでテイクアウトできる店舗を位置情報や地域名から「一括検索」できるサービスがローンチ

ZOIC株式会社は、テイクアウトの店舗をLINEチャットボット上で位置情報や地域名から一括検索できるサービス「おうちDAY」の提供を開始したと発表した。また、おうちDAYで表示される店舗の情報やメニューをいつでもLINEで更新できる店舗管理用チャットボットも同時にリリースした。これにより、オーナー(または店長など)は自分のLINEから簡単にメニューの追加や変更を行うことが可能だという。

■ユーザー用チャットボット

登録不要・完全無料。チャットボットを友だち追加して位置情報検索するか、市区町村名を話しかけるだけで近い順に表示される。
出典元:プレスリリース

■店舗管理用チャットボット

操作に迷わない様、チャットボットからのメッセージと同時に、その時できることが常にLINEトーク画面の下にナビゲーションとして表示される。そのため普段LINEを使用している人であれば問題なく操作可能だという。また、今までの既存のサービスでは難しかったキッチンカー(フードトラック)などの移動販売でも登録可能で、簡単に出店場所や閉店時間を都度設定できる仕組みを構築している。

■この2つのチャットボットが解決する問題

店舗管理者は、いつでも最新のメニューや営業中表示への切り替えなど店名以外の全項目をLINEで更新できるため、更新の手間を極限まで減らしユーザーには常に店舗の最新情報を届けることが可能だ。

・お店の導入メリット
初期費用無料
月額利用料無料(今後有料化、有料プラン導入の可能性がある)
店舗の公開まで最短数時間(最大3営業日ほどかかる可能性がある)
簡単メニュー登録(メニュー名・金額・画像)
別端末、別アプリインストール不要で自身のスマホのLINE上で完結
営業許可証の目視確認された店舗のみ掲載

・ユーザー利用のメリット
完全無料、会員登録不要
別アプリインストール不要(LINE上でおうちDAYと繋がる必要がある)
位置情報から近い順に簡単検索
都道府県名、市区町村名から一括検索

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。