Today's PICK UP

厚生労働省、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」をリリース Bluetoothを利用し、感染者との接触可能性を通知する

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策テックチーム事務局と連携し、開発してきた、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact Confirming Application)を、2020年6月19日にリリースすると発表した。
COCOAは、利用者本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(Bluetooth)を利用して、互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができるスマートフォンアプリ。

利用しているスマートフォンによりApp StoreまたはGoogle Playからインストールすることができる。なお、公開日から1カ月間は試行版(プレビュー版)となるとのことだ。試行版は、利用する状況も参考にしつつ、デザイン・機能などの修正を予定しているという。

<動作可能なOS(6月19日時点)>
・iPhone端末の場合
iOS 13.5以上
・Android端末の場合
Android 6.0以上

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。