Today's PICK UP

厚生労働省、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」をリリース Bluetoothを利用し、感染者との接触可能性を通知する

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策テックチーム事務局と連携し、開発してきた、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact Confirming Application)を、2020年6月19日にリリースすると発表した。
COCOAは、利用者本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(Bluetooth)を利用して、互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができるスマートフォンアプリ。

利用しているスマートフォンによりApp StoreまたはGoogle Playからインストールすることができる。なお、公開日から1カ月間は試行版(プレビュー版)となるとのことだ。試行版は、利用する状況も参考にしつつ、デザイン・機能などの修正を予定しているという。

<動作可能なOS(6月19日時点)>
・iPhone端末の場合
iOS 13.5以上
・Android端末の場合
Android 6.0以上

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。