Today's PICK UP

保育園向け業務支援システムと、カメラ型お昼寝見守りシステムが連携 一元管理で保育士の事務作業の軽減を目指す

株式会社ウェルキッズは、同社が提供する園向け業務支援システム「WEL-KIDS」と、EMC Healthcare株式会社が提供するカメラ型午睡見守りシステム「ベビモニ」とのサービス連携を、2020年10月より開始すると発表した。

■サービス連携の背景

昨今、保育園を取り巻く環境には、保育士不足、働き方改革、安全性の確保、質の確保といった、様々な課題がある。それらの課題解決には、保育士がこどもに向き合える時間を増やすことが一つの鍵となる。これまで両社は、保育士の事務作業の負担を軽減することを目標として、「WEL-KIDS」および「ベビモニ」を、それぞれ提供してきた。今後は、事務作業の効率化を実現するための総合的な業務支援システム「WEL-KIDS」と、カメラにより自動で複数人の午睡見守りを行う「ベビモニ」が連携することで、より一層、保育園における人と人のコミュケーションの促進に貢献できると考え、今回の発表に至ったとのことだ。

■連携によってできること

サービス連携により、ベビモニで自動的に取得された午睡チェック結果がWEL-KIDSに連携されるようになる。これによって、WEL-KIDSを利用のユーザーにおいて一元的に午睡チェック結果を管理することができるようになり、さらなる保育士の事務負担軽減を可能にするという。また、WEL-KIDSに登録された園児の情報もベビモニに連携されることから、ベビモニを使っている園においても、より便利に使うことができるとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。