Today's PICK UP

モスバーガー、「分身ロボット」を活用したレジ対応を実験導入 withコロナ時代にも対応した「リモートレジ」へ

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスでは、株式会社オリィ研究所と協力し、分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)を活用した「ゆっくりレジ」を実験導入すると発表した。実験は2020年7月27日(月)~8 月下旬までの約 1 か月間の平日、モスバーガー大崎店で行う。
同社では、2018年11月にセミセルフレジ、2019年12月よりフルセルフレジを一部店舗において導入し、人手不足の解消への対応を進めてきた。同時に、時代にあったモスバーガーらしいホスピタリティの形を追求し、テクノロジーを活用しながら、人ならではのあたたかみのある接客について研究を続けている。今回オリィ研究所が協力する「OriHime」を活用した実証実験では、レジ対応するキャスト(店舗スタッフ)がその場にいなくても、注文時の応対を介した、人と人のあたたかいコミュニケーションの実現を目指しているという。

「OriHime」は、全長約23cmの分身ロボットで、子育てや介護、身体障がいなどの社会的ハンディキャップにより外出困難な人の分身として、遠隔地であってもあたたかみのあるコミュニケーションを可能にする。今回の実験では、モスバーガー大崎店の店頭に時間限定(平日 14:00~18:00)で「OriHime」を1台設置し、会話を楽しみながらじっくり商品を選びたい人に向けた「ゆっくりレジ」を稼働させる。パイロット(OriHime を分身としてリモートで会話や動作を行う人)は客と会話しながら注文の受付を担当し、決済は有人レジにて行う。今後、システムを改良することで、OriHime を通じて注文から決済までを行えるよう機能を拡張する予定とのことだ。

昨今の新型コロナウイルス感染症によるソーシャルディスタンスなど、社会環境の変化に即した対応が外食業界にも強く求められている。同社では、今回の「ゆっくりレジ」の成果をもとに、ドライブスルー注文への応用や、自走式ロボットによる配膳業務などを検討していく計画だという。これらについても、2020年度内の実験開始を視野に入れているとのことだ。
出典元:プレスリリース

■実験概要

・内 容 :分身ロボット「OriHime」を活用した「ゆっくりレジ」の実証実験
・期 間 :2020 年 7 月 27 日(月)~8 月下旬までの約 1 か月間
*システムメンテナンスなどのため、開催期間内でも「ゆっくりレジ」を設置しない場合がある。
・時 間 :平日 14:00~18:00
・店 舗 :モスバーガー大崎店 (東京都品川区大崎 2-1-1 ThinkPark Tower 2F)
・協 力 :株式会社オリィ研究所
・OriHime : リモートワーク、テレワークに最適化されたコミュニケーションロボット 高さ:23 ㎝×幅:約 17 ㎝(腕を畳んだ状態)×奥行:約 11 ㎝、重量:660g

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。