Today's PICK UP

ネット診断による注文住宅の「工務店探し・工務店選び」の完全代行サービスがリリース

株式会社ライフスタイルマイニングは、2020年7月15日より注文住宅の購入検討者を対象としたネット診断による工務店探し・工務店選びの完全代行サービス「家づくりエージェント」をリリースすると発表した。
「家づくりエージェント」は、行動分析学に基づいて開発された診断テストを活用することで、公平・中立な立場で注文住宅検討者の要望・課題・予算に合った「工務店探し」を代行するとともに、“根拠をもった「建築会社選び」”ができるように、匿名のまま、①その人のための住宅間取りプラン、②そのプランの暫定予算、③担当する予定の営業マン紹介動画、の3点を各工務店から手に入れるまでを代行するネット診断サービス。
出典元:プレスリリース

■サービス開始の背景

【新型コロナ影響下における課題】
注文住宅検討者がメディア閲覧やホームページ検索によって得られる住宅会社の情報は、広く一般に公開されている情報になるため、「自分に合っている住宅会社か」、「自分の要望・課題をちゃんと把握し、努力してくれる住宅会社か」といった極めてパーソナルな判断材料は得づらいものとなっている。

そこで、近年、直接相談できたり、アドバイスを受けられる相談所・カウンターサービスが利用者数を伸ばしているが、昨今の新型コロナウィルス蔓延の影響で、注文住宅検討者は「対面による相談・情報収集」をしづらい状況となっており、相談所・カウンターサービスへ訪問して直接相談したり、アドバイスを受けることも難しくなっている。この流れは、新型コロナウィルスのワクチンが開発され、広く国民の手に行き渡るまでは続くことが予想されることから、その抜本的な解決を目的として「家づくりエージェント」の開発に着手したという。

従来、ライフスタイルマイニングでは工務店向けの「顧客診断サービス」として「家づくりスキャナーPRO」の運営・販売をしていたので、その知見を活かした『注文住宅検討者向けのサービス』として、「家づくりエージェント」を新たにリリースするに至ったとのことだ。本サービスのリリースによって、注文住宅検討者はスマホやパソコンを使って「自分に合った住宅会社か」、「自分の要望・課題をきちんと把握し、努力してくれる住宅会社か」というパーソナルな判断材料を入手することが可能となるという。

【公平性・中立性のある紹介の実現】
上記背景に加え、注文住宅検討者にとって客観的に公平・中立の立場で「本当に顧客に合っている会社を紹介対象にできないか」との思いから、「家づくりエージェント」の運営では独自の方法で広く住宅会社を探し出し、『候補』として紹介する仕組みとしたという。住宅業界全般の調査・データ販売を手掛けている会社より購入した「全国工務店リスト」の中から、注文住宅検討者の診断結果と照らし合わせて独自の方法で対象の住宅会社を抽出する。この方法によって、真に公平・中立な第三者として「本当にあなたに合った住宅会社」を紹介することを可能としたとのことだ。
出典元:プレスリリース
【匿名性を担保した「判断できる情報」の必要性】
注文住宅検討者は、住宅会社への個人情報の開示(資料請求や問い合わせ等)には非常に慎重になっている。それは、「自分に合っている会社かどうかわからない状態で、営業をされたくない」と考えているからだという。「家づくりエージェント」では、注文住宅検討者は「匿名のまま」(住宅会社に個人情報を明かさないまま)利用できるサービスとした。そこで得られる情報は、①その人のための住宅間取りプラン、②そのプランの暫定予算、③担当する予定の営業マン紹介動画、の3点となる。
出典元:プレスリリース
これらは、本来であれば、住宅会社の担当営業マンに会わないと入手できない情報だが、「担当営業マンと商談をして得られる情報」に近いものを事前に手に入れることができるため、住宅会社を「選ぶ」ことが可能となるという。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。