Today's PICK UP

「テレワークとデジタルツールに関する調査」が実施 約4割が今後も「テレワークの継続を検討」

チャットプラス株式会社は企業の経営者(役員含む)・従業員を対象に、テレワークとデジタルツールに関する調査を実施した。
新型コロナウイルスの流行を機に、働き方に変化が起きた。テレワークは、これからの時代の新たな働き方として注目されている。しかし、実際にテレワークを行った結果、よいことだけではなく、課題があることもわかってきた。そこで今回、チャットプラス株式会社は、企業の経営者(役員含む)・従業員を対象に、テレワークとデジタルツールに関する調査を実施した。

■社内でのテレワーク普及率

はじめに、テレワークの普及率に関して聞いた。
出典元:プレスリリース
「社内でのテレワーク普及率を教えてください 」と質問したところ、『全社員出勤(49.9%)』と回答した人が最も多く、次いで『20%(13.9%)』『40%(11.1%)』『60%(10.8%)』『80%(7.9%)』『全社員テレワーク(6.4%)』と続いた。全社員出勤とテレワークの導入比率は、ほぼ二分する結果となっている。また、社内での普及率に関して少なくとも20%はテレワークを取り入れていることが判明した。

■テレワーク開始に伴い導入されたデジタルツールとは

テレワークは、オフィス勤務とは違った働き方が求められるため、自身の会社に合わせたデジタルツールを導入していくことが不可欠だ。では、テレワーク開始に伴いデジタルツールを導入した企業はどのくらいあるのか。
出典元:プレスリリース
「テレワーク開始に伴い新たにデジタルツールを導入しましたか?」と質問したところ、2割以上が『はい(23.2%)』と回答した。「具体的にどのようなデジタルツールを導入しましたか?(複数回答可)」と質問したところ、『Web会議システム(62.8%)』と回答した人が最も多く、次いで『ビジネスチャット(コミュニケーション目的)(33.3%)』『Webチャット(チャットボットなど)(24.0%)』『電子契約システム(18.2%)』『リモートアクセスツール(17.4%)』と続いた。

テレワークの課題として「社員間、顧客間でのコミュニケーション」や「業務効率化」といったことが度々ニュースで取り上げられている。そのような背景から、テレワークによる課題を解決できそうなデジタルツールを導入しているのかもしれない。では、デジタルツール導入の際にどのようなことを意識したのだろうか?
出典元:プレスリリース
「デジタルツール導入の際に、何を意識しましたか?」と質問したところ、『業務効率化(51.6%)』と回答した人が最も多く、次いで『コスト面(25.6%)』『コミュニケーションの向上(12.4%)』『無人化可能(6.2%)』と続いた。

また、テレワークによって、今までと違った働き方が求められる。例えば、対面・口頭で進めていたような業務は、今まで通りとはいかないだろう。そのような業務ができなくなることで、業務効率が落ちるのではないかといった懸念から、デジタルツール導入の際に業務効率化を意識していたのかもしれない。

■テレワークのメリット・デメリットは

先程の調査で、テレワーク開始に伴う、デジタルツールの導入状況が明らかになった。では、テレワークを経験した人は、どのようなことがメリット・デメリットと感じているのか。
出典元:プレスリリース
「テレワークのメリットを教えてください」と質問したところ、『通勤のストレス軽減(51.9%)』と回答した人が最も多く、次いで『ワーク・ライフ・バランスの向上(19.9%)』『生産性・業務効率化の向上(14.7%)』『育児・介護・病気治療と仕事の両立(8.6%)』と続いた。

また、「テレワークのデメリットを教えてください」と質問したところ、『コミュニケーション不足(35.1%)』と回答した人が最も多く、次いで『勤怠管理が難しい(22.9%)』『仕事とプライベートの切り替えが難しい(20.9%)』『ネット環境に左右される(17.2%)』と続いた。

テレワークにより、通勤のストレス軽減やワーク・ライフ・バランスの向上が図れる一方で、コミュニケーション不足など、メリット・デメリットをそれぞれ感じているようだ。
テレワーク継続の際、注力したいことは◯◯と判明

■テレワーク継続の際、注力したいことは

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言も解除され、通常のオフィス勤務に戻っている企業もある。では、今後もテレワークを継続していく企業はどのくらいあるのだろうか。
出典元:プレスリリース
「テレワークの継続を検討していますか?」と質問したところ、約4割が『はい(39.1%)』と回答した。テレワーク継続の際は、どのようなことに注力したいのだろうか。「継続する際に注力したいことを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『社員間での情報共有やコミュニケーション(54.0%)』と回答した人が最も多く、次いで『セキュリティ面の強化(37.4%)』『テレワークに必要なデジタルツールの導入(34.9%)』『紙の資料や書類の削減(24.9%)』『社内の質問対応やトラブルシューティング(20.3%)』『上長の承認方法の見直し(18.0%)』と続いた。テレワークを実施したことで、「コミュニケーション」や「セキュリティ面の強化」といった課題が明らかになったのかもしれない。

また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワーク体制がしっかりと整っていない状況から開始したこともあり、デジタルツールの導入に注力したい人もいるだろう。今後もテレワークを継続していくには、これらの課題を解決することや体制を整える必要がありそうだ。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。