Today's PICK UP

「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年6月度)」結果が発表 Instagramのハッシュタグ検索、1位は「趣味」

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年6月度)』の結果を発表した。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしている。
出典元:プレスリリース

■Instagramでハッシュタグ検索するのは、1位「趣味」、2位「グルメ」

Instagram利用者に、Instagramで行ったことがある検索方法を聞いたところ、「アカウント検索」が最も多く(60.3%)、次いで「ハッシュタグ検索」(56.3%)、「スポット検索」(23.3%)だった。また、「ハッシュタグ検索」をしたことがある人に、普段、検索するハッシュタグのジャンルを挙げてもらったところ、最も多かったのは「趣味」(55.9%)、次いで「グルメ」(48.0%)、「旅行・観光」(45.7%)だった。
※いずれも、複数回答あり。

■Instagramでハッシュタグ検索をするのは、「見るのが楽しい」から

Instagramでハッシュタグ検索をする理由として「見るのが楽しい」を挙げた人が最も多く(53.5%)、次いで「手っ取り早い」(52.0%)、「流行やトレンドがわかる」(49.2%)だった。
※複数回答あり。

■Twitterで、ハッシュタグ検索するのは、約6割が「ニュース」

Twitter利用者のうち、Twitterで行ったことがある検索方法として「キーワード検索」を挙げた人が最も多く(72.4%)、次いで「ハッシュタグ検索」(49.8%)、「アカウント検索」(49.6%)だった。検索するハッシュタグのジャンルは「趣味」が最も多く(59.2%)、次いで「ニュース・時事」(56.9%)、「芸能・エンタメ」(48.9%)だった。
※いずれも、複数回答あり。

■約6割が、Twitterのハッシュタグ検索は、「最新情報を知ることができる」

Twitterでハッシュタグ検索をする理由について聞いたところ、「最新情報を知ることができる」が最も多く(59.2%)、次いで「リアルな現状がわかる」(50.8%)、「手っ取り早い」(50.4%)だった。
※複数回答あり。

■Twitterでハッシュタグ検索後、約4割が「検索エンジンで再検索」

Twitterでハッシュタグ検索をした後、「いいねをした」ことがある人は53.1%、「リツイートした」は41.6%、「さらに詳しい内容を検索エンジンで調べた」は40.1%だった。
※複数回答あり。

調査名:『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2020年6月度)』
調査期間:2020年6月16日(火)~2020年6月21日(日)
調査対象:17歳~69歳の男女1,100名
調査結果レポートはこちらで公開されている。

人気の記事