Today's PICK UP

CTC、「サプライチェーン最適化ソリューション」の提供を開始 AIの需要予測とシミュレーションの技術を組み合わせる

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、物流拠点の適正配置や廃棄ロスの削減など、多様な最適化ニーズに対応する、AIを活用したサプライチェーン最適化ソリューションの提供を2020年7月29日から開始すると発表した。製造業や物流業の企業を中心に提供し、3年間で15億円の売上を目指すという。
製造や物流、小売りなどの分野では、データ分析やAIを活用したサプライチェーンの最適化に多くの企業が既に取り組んでいるが、近年、社会の情勢や状況の変動が大きく、調達の代替手段の確保や、廃棄ロスの削減を含めた環境への配慮など、サプライチェーンにおける最適化の目的も多様化しており、その必要性がますます高まっている。

今回CTCが提供するサプライチェーン最適化ソリューションは、AIを使用した需要予測と、シミュレーションや数理最適化の技術を組み合わせ、発注量や在庫量、生産量、配送、物流拠点の配置、廃棄量など、企業の目的に合わせてサプライチェーンの問題点を特定し、継続的な改善につなげるもの。過去の在庫や販売に関連する実績データと外部データからAIを使用して需要予測を自動的に生成するため、予測に関する専門的な知見も必要とせず、また、予測をもとに在庫や人員、作業スケジュール、工場のレイアウトなどさまざまなものをシミュレーションし、目的に応じて全体の最適化を実現する。

シミュレーションソフトウェアとしては、生産ラインや物流、交通、事務業務などの様々なプロセスを可視化し、計画の定量評価を可能にするLanner Group Ltd.が開発したWITNESSを使用している。CTCは、日本国内の総販売代理店として、自動車の生産ライン、物流センターの人員配置、交通シミュレーション、金融機関の窓口業務など、多くの顧客にWITNESSを提供している。また、数理最適化ソフトウェアは、パフォーマンスと信頼性で世界的に定評のあるGurobi Optimization, LLC.のGurobi Optimizerを使用しており、生産や物流拠点の最適配置、配送における最適経路の算出等で国内でも様々な場面で活用されているという。

AIは、機械学習に必要な一連のプロセスを自動化するDataRobot, Inc.のDataRobotで、データを投入するだけで素早く予測が行えるため、状況の変化に応じたサプライチェーン計画を策定することが可能とのことだ。

ソリューション全体イメージ
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。