Today's PICK UP

矢野経済研究所、2020年の5G関連デバイス世界市場規模を11兆889億円と予測 Beyond 5Gの実現に注目

株式会社矢野経済研究所は、5G関連デバイス世界市場を調査し、10区分別や参入企業各社の動向、将来展望などを公表した。

■市場概況

5G(第5世代移動体通信システム)関連デバイス(回路・基板、主要部品・デバイス、材料・評価システム)を合算した2020年の世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)を11兆889億円と予測する。

5Gのスペックについては高速・大容量化、低遅延、多数同時接続などの特徴がしばしば取り上げられるが、5G仕様に対するニーズは、アプリケーション(利用用途)ごとに異なる。現在、Wi-Fiやセルラーネットワークを活用したスマートメーターやスマート農業、工場などでのIoT(Internet of the Things)​化や、小売業や流通業などでのRFIDによる自動化、LoRa WANを活用したさまざまな産業へのアプローチなど、すでにアプリケーション、テクノロジーのいずれの軸においても、通信環境に対するニーズは拡大しつつある。接続可能な端末数が増加し、ネットワークの密度が上がる5Gの実現によって、これらがさらに後押しされることになると考えるという。

5G普及の初期には、主に3~6GHzの周波数帯を用いたサービスが展開される。これらの周波数帯では他の無線システムなどの存在により、5Gで利用可能な帯域幅が限定されるため、通信速度もその帯域幅に応じた限界が存在する。こうしたことから、国内では既に28GHz帯の割り当てが予定されていることに加え、39GHz帯、60GHz帯などでも2020年代を通して順次5Gによるシステムが構築されていく見通しとのことだ。
出典元:プレスリリース

■注目トピック

Beyond 5G実現に向けた技術開発が進展
Beyond 5Gとは、5Gの後に続く新たな次世代通信規格のことである。それは、通常なら6Gということになり、場合によっては7Gを含む可能性もある。ただ、現時点では流動的なので、Beyond 5Gという表現がふさわしいとしている。

5Gの登場によってダウンロード速度は高速化し、待ち時間は減少することが予想される。しかし、5Gが登場してしばらくすると、ネットワークに接続されている多数のIoT機器を完全には処理できなくなる可能性が高いとみられている。これは、今後登場するさまざまな分野のIoT製品によって、IoT環境を実現するネットワークがより一層複雑になり、データ需要が大幅に増加するようになればネットワークへの負担が急激に増大することになるからである。そのため、早急にBeyond 5G 実現に向けて動き始める必要があり、世界中の研究機関やネットワークベンダーでは、すでにBeyond 5G に向けた技術開発を始めている。国際電気通信連合(ITU)においても、2030 年のBeyond 5G ネットワーク実現に向けた技術研究グループ(FG NET-2030:Focus Group on Technologies for NETwork 2030)の構築がすでに始まっている。国内のワーキンググループでは、テラヘルツ帯の利用、伝送速度が100Gbps以上(5Gの10倍)、遅延は1msec未満でほぼゼロ遅延、接続密度が1,000万台/km2が目安とされている。

■将来展望

2030年の5G関連デバイス世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)を69兆5,930億円と予測。5Gサービスの本格展開が見込まれた2020年は、新型コロナウイルスの影響を受けたことで設備投資の遅れが見込まれるものの、一方で新しい生活様式にマッチした新たなサービスの提供に5Gが活かせる可能性が十分にあり、大手通信キャリアが率先して模索を始めている。従って、今後の市場に対しては設備投資の遅れというマイナス要因と新たな活用展開というプラス要因の両面が考えられ、2022年予測までは新型コロナウイルスの影響がみられる。

調査概要
1.調査期間: 2019年9月~2020年6月
2.調査対象: 5G関連デバイス関連企業(メーカーなど)、大学・研究機関
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材、ならびに文献調査を併用
<5G関連デバイス市場とは>
本調査における5G関連デバイス市場とは、回路・基板(RF回路、基板等)や主要部品・デバイス(能動部品、液晶、アンテナ、受動部品、メモリー、その他デバイス)、材料・評価システム(材料、評価システム等)の10区分を対象とし、メーカー出荷金額ベースで算出。

<市場に含まれる商品・サービス>
RF回路、基板、能動部品、液晶、アンテナ、受動部品、メモリー、その他デバイス、材料、評価システム

人気の記事