Today's PICK UP

「ワーケーション」に関するアンケート結果が公開 約4割が「今後普及していくと思う」と回答

日本トレンドリサーチは、「ワーケーション」に関するアンケートを実施し、結果を同社サイト内にて公開した。

■39.5%が、今後「ワーケーション」は普及していくと「思う」と回答

7月27日、菅義偉官房長官が政府の会議で、旅行先でテレワークする「ワーケーション」の推進を表明したことが話題になっている。「ワーケーション」とは「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、旅先で休暇を取りながらリモートワークをする働き方のことだ。新型コロナウイルスの影響で「新しい働き方」が注目されていますが、今後「ワーケーション」という働き方も普及していくのだろうか。今回は、全国の男女600名ずつに「ワーケーション」についてアンケートを実施したという。まずは今後、「ワーケーション」という働き方は普及していくと思うかを聞いた。
出典元:プレスリリース
「思う」と回答したのは39.5%で、約4割の方は今後「ワーケーション」が普及していくと思っているようだ。

調査期間:2020年7月31日~8月4日
集計対象人数:1,200人(男女600名ずつ)
集計対象:男女
調査結果はこちら(https://trend-research.jp/4108/)に公開されている。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。