Today's PICK UP

20代への「仕事への評価に関するアンケート調査」が実施 約半数がテレワークで「評価に不安を感じている」と回答

株式会社学情は、新型コロナウイルスの感染拡大やテレワークの推奨を受け、20代の仕事観や転職意識をひも解くために、アンケート調査を実施した。今回は、「評価」に関するアンケートを実施。約半数が、テレワークで「評価」に不安を感じていると回答した。
不安とした人からは、「上司とのコミュニケーションが取りづらい」「テレワークだと結果しか見えないので不安」などの声が挙がっている。また日頃、仕事で評価されていると実感できている人は23.4%で、4分の1を下回る結果に。仕事で評価されていると感じるときは、「上司から褒められたとき」が最多で65.2%で、日常の会話や、普段のコミュニケーションが、「評価されている」という実感につながりやすいことが分かる。

■約半数(49.0%)が、テレワークで「評価」に不安があると回答

出典元:プレスリリース
約半数(49.0%)が、テレワークで「評価」に不安があると回答した。不安とした人からは、「上司とのコミュニケーションが取りづらい」「テレワークだと結果しか見えないので不安」などの声が挙がっている。2020年6月に「Re就活」で実施したアンケートでも、テレワークの際に不安に思うことについて、「上司にどう評価されているかが分からない」の回答が42.0%となっており、テレワークの際に「評価」に不安を感じている20代が多いことが分かる。一方、不安はないとした人からは、「もともと成果主義だから」「出社・テレワークに関わらず、もともと数字で成果を図っているから」という声が寄せられた。
出典元:プレスリリース

■仕事で評価されていると実感できている人は23.4%で、4分の1を下回る結果に

出典元:プレスリリース
仕事で評価されている実感に関しては、「実感している」6.4%、「どちらかと言えば実感している」17.0%で、「仕事で評価されていると実感できている人」は23.4%と、4分の1を下回る結果となった。一方、「仕事で評価されていると実感していない人」(「実感していない」28.6%+「どちらかと言うと実感していない」23.2%)は51.8%で、「実感している人」を28.4ポイント上回る結果となっている。

■仕事で評価されていると感じるときは、「上司から褒められたとき」が最多で65.2%

出典元:プレスリリース
仕事で評価されていると感じるときは、「上司から褒められたとき」が65.2%で最多。「責任ある仕事を任されたとき」36.1%、「昇給したとき」34.8%と続く。また、「人事考課や1on1でのコミュニケーション時」は15.7%にとどまっており、「評価面談」などのコミュニケーションの機会よりも、日常の会話やフィードバックでのコミュニケーションのほうが、「評価されている」と感じやすいことが分かる。

■転職活動で評価されると嬉しいポイントは「人柄」。「人物面」を評価されると志望度が上がる傾向

出典元:プレスリリース
転職活動で評価されると嬉しいポイントは「人柄」76.5%が最多で、次いで「仕事への考え方」50.0%となった。「前職での経験」25.8%、「スキル」22.9%となっており、「経験」や「スキル」よりも、「人物面」を評価されると志望度が高くなる傾向だ。「社風や会社の雰囲気」「会社として大事にしているモットー」を重視する、20代の転職意向が伺える結果となった。

調査概要
・調査対象:[20代専門]転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者
・調査方法:「Re就活」にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示
・調査期間:2020年7月21日~2020年8月2日
・有効回答数:388名

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。