Today's PICK UP

予約不要の多拠点ワークスペースアプリがサービス開始 LINEで友達追加するだけでワークスペースの空きがわかる

テレワーク・テクノロジーズ株式会社は、2020年8月7日より街中の空席などユニークなスポットを集めた多拠点ワークスペースアプリ『テレスペ』をサービス開始した。LINEでテレスペを友達追加するだけで、リアルタイムにワークスペースの空席が地図上に表示され、予約なしでいきなり店舗へ行き、画面を提示することで利用できる。

■利用方法

1.テレスペをLINEの友達に追加する
2.レインボーのテレスペロゴをタップ
3.空席を確認して店舗へ行き
4.画面を提示してチェックイン
5.帰る際に再度画面を提示してチェックアウト
出典元:プレスリリース

■対象エリア

東京都23区内
当初3ヶ月間をサービス検証機関と想定し、11月以降順次エリアを拡大していく予定

■解決したい社会課題

・満員電車の緩和
・企業の在宅ワークによる生産性の低下
・ニューノーマルの新しい空席活用

■スペースを提供する施設側のメリット

(1)無料の宣伝
初期費用や月額費用などが無料で、店舗をテレスペアプリに表示することができる。お店がそこにあることに対する認知が獲得できる。

(2)収益アップ
実際に利用した人が支払った時間に応じて利用料の50%と、飲食代金の100%を店舗で受け取れる。

(3)本業への送客
利用者のチェックアウト時に自動送付されるLINEのサンクスメッセージに、本業への送客へ繋がるようなクーポンやURLなど各種案内が可能。また、飲食店の仕込み時間中の開放で、そのまま残って営業開始から利用者が入っているというような効果も期待できるという。

■利用者側のメリット

(1)自宅では集中できない
パートナーとの同居、子供やねこが走り回る、家に環境がないなど、在宅ワークだけでは生産性が落ちてしまうのは仕方がないという。オフィスでも、自宅でもない第三のスペースをテレスペが提供する。

(2)低価格設定
カフェやホテルラウンジやカラオケなどの空席を活用しているので、とてもリーズナブルに利用が可能。

(3)多拠点使い放題
テレスペは多拠点、家の近くに、オフィスの近くに、営業先でアポの間空き時間に、たくさんの拠点を利用することができる。欲しい場所にスペースが登録されていない場合、施設のリクエストも可能。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。