Today's PICK UP

オンラインとオフラインを融合した新たな衣服生産サービスが開始

シタテル株式会社は、繊維専門商社のスタイレム株式会社と協業し、スタイレムが運営するスワッチギャラリーにて、衣服生産の支援を行うと発表した。

■協業の背景

シタテルは、衣服づくりを川上から川下まで支援しているものの、WEBサービスが中心であるため、生地や素材の現物を見て衣服の企画を行いたい人の要望には、これまで十分に応えることができていなかったという。そこで、常時、最新の約2,000種類のテキスタイルサンプルを展示しており、顧客がテキスタイルサンプルを持ち帰りすることも可能なスワッチギャラリーを運営するスタイレムに相談。スワッチギャラリー内に、WEB経由でシタテルに衣服づくりを相談できる窓口を開設することで、現物のテキスタイルサンプルを見ながら、衣服づくりを行える環境を整備することが決まったとのことだ。

スワッチギャラリーでは、月ごとにサンプルの入れ替えを行っており、また、商品の在庫状況をリアルタイムに照会できるサービスも実施しているため、本協業により、オンラインとオフラインを融合した新たな衣服生産サービスを提供することが可能だという。シタテルとスタイレムは、テキスタイルを起点として、衣服づくりのすべての機能が揃うギャラリーの構築を目指すとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。