Today's PICK UP

慶應義塾大学、「KGRI・IoT健康ライフ研究コンソーシアム」を発足 健康長寿社会への貢献を目指す

慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート (KGRI : Keio University Global Research Institute) では、世界をリードする日本の長寿社会における様々な課題、リスクに関わる研究、そして健康増進、健康長寿のための支援を行うシステムの基礎技術開発を行い、その成果を広く社会に広めることを目的とした、「KGRI・IoT 健康ライフ研究コンソーシアム」を2020年4月に設置したと発表した。
慶應義塾大学の幅広い学問領域の研究者の専門知識や技術を融合し、IoT を活用したバイタルデータの取得および解析により、生体機能をモニタリングしアルゴリズム等の研究成果を生成することに焦点を当てている。また、慶應義塾大学における本分野の研究を推進し、そこでの研究成果が将来、各協力会員企業において、健康増進や疾病予兆の発見および対策等のヘルスケアサービスとして実用化されることを企図しているという。また、本コンソーシアムによって得られた慶應義塾大学の研究成果と新たな情報をもとに、さらに研究開発を進め、その成果について「健康機能年齢インデックス」として世界標準化を図ることを目指すとのことだ。

■研究テーマ 〜医学的データの測定と生活習慣・環境要因の改善による健康寿命伸延〜

加齢に伴う機能年齢に大きく関係する以下の 5 つの領域(能力・機能)の継続的な生体情報をモニタリングし、個人ごとに異なる状況を経時的に測定予測して、改善を維持する IoT ヘルスケアと AI の仕組みを確立することを目指す。
1)人体の恒常性:腸内細菌叢や免疫力等の評価
2)人体の感覚:視力および聴力の評価
3)人体の運動能力:歩行運動および転倒リスクの評価
4)人体の認知能力:会話能力および認知能力の評価
5)環境および生活習慣:睡眠、食事、運動量、ストレスの評価

■社会、企業、研究者の三者で推進する大学研究モデル

本コンソーシアムでは、研究フェーズから企業が参加し、研究シーズを育てるエコシステムの確立を目指す。また健康長寿社会に役立つ「健康年齢機能インデックス」を研究テーマとし、社会に貢献する。慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI)がイノベーション推進本部と協力し、このモデルの実現を目指す。
出典元:プレスリリース
また、本コンソーシアムでは、日本アイ・ビー・エム株式会社から、すでに海外において実績のある大学研究支援プログラムに関するツール類の提供を受ける。実用化を加速するためのアドバイスを受けることもできる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。