Today's PICK UP

店舗運営の定型業務を自動化するSaaSが事前登録開始

株式会社LeapXは、2020年8月18日より、店舗運営で必要な複雑な業務を自動化するSaaS「ロウカリ」の事前登録を開始すると発表した。既に、飲食・小売やアパレル等、業種業界問わず多くの企業への導入が決定しているという。

■ロウカリの3つの特徴

出典元:プレスリリース
1.常に最新の店舗情報を一括で更新
2.Google・Yahoo!のマップ情報、Twitter等SNS上の口コミを一元管理
3.店舗別のレビュースコアを他社平均と比較

■ロウカリが提供するサービス

Google、Yahoo!等のマップや検索エンジン、Twitter等のSNS上の自社に関する情報を一元管理し、正確な最新情報を一括配信するSaaS。昨今の新型コロナウイルスの再燃に伴う、時短営業の要請等、急な店舗情報の変更にも一括で対応することで、リアルタイムで常に正しい情報が更新・配信される。また、複数サイト上の口コミをもれなく抽出し、機械学習の技術を用いたネガポジの判定、ロウカリ上で直接返信が行える。「ロウカリ」が連携するSNS、マップ等のサービスは日本でよく使われるもので、日本語によるサポートも充実している事も特徴だ。

■背景

新型コロナウイルスの感染が再燃した事で、飲食店をはじめ多くの小売の業界で、甚大な被害が出始めている。特に飲食の業界では、イートイン需要の激減に伴い、新たに弁当等のテイクアウトを始める店も増えているが、GoogleマップやTwitter上の情報が最新でないと、ネガティブなレビューを誘発する事になり、商圏内の別企業に顧客を奪われるリスクも大きい。ユーザーが検索を行うタイミングで、常にマップ上の店舗のページやSNSなどに掲載されている情報を最新にしておく必要があり、各店舗の情報が一括で編集可能になる「ロウカリ」を開発したとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。