Today's PICK UP

レシピ動画のクラシル、ネットスーパー立ち上げサービスを提供開始

「kurashiru」 (以下、クラシル) を運営するdely株式会社は、新規事業として、小売事業者向けに初期費用無料、およびシステム開発不要でネットスーパーを立ち上げ可能なサービス「クラシルリテールプラットフォーム」の提供を開始したと発表した。

■「クラシルリテールプラットフォーム」の概要

本サービスは、小売事業者のデジタルトランスフォーメーション(DX)の支援を主目的とし、ネットスーパーの立ち上げ・運用から店舗販促のデジタル化までをクラシルが一貫してサポートするもの。
出典元:プレスリリース
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、ネットスーパーの需要が高まっている。小売事業者におけるDX人材不足が課題に挙げられる状況において、「クラシルリテールプラットフォーム」は「初期費用0円」・「システム開発不要」で小売事業者のネットスーパーの垂直立ち上げを支援する。

■「クラシルリテールプラットフォーム」の特徴

①一気通貫なソリューションと横断的サポートを提供
出典元:プレスリリース
基幹システム構築、アプリ・Webの注文フロント、ピッキング作業管理、配送ドライバー管理までを一気通貫でシステム開発し、運用段階では専門人材によるプロフェッショナルサポートを行う。局所的なシステム開発ではなく、サプライチェーン全体を支えるソリューションを提供する。

②国内最多・2,400万ダウンロードのレシピ動画アプリ「クラシル」からの送客
出典元:プレスリリース
「クラシルリテールプラットフォーム」は、「クラシル」からの送客が可能だ。2016年からスタートしたレシピ動画サービス「クラシル」は、利用者数(web・アプリ両方)・アプリDL数・SNS総フォロワー数・レシピ動画数のすべてにおいて国内No.1を獲得し、国内で最も利用されるレシピ動画サービスに成長したという。日常的に「献立を決める」「レシピを探す」(アプリ単体で2,400万を超える)ユーザーに対し、直接ネットスーパーの利用を促すことで、安定した送客を実現するとのことだ。

「クラシルリテールプラットフォーム」は、「小売事業者ごとの単独アプリ型」、「クラシルアプリへの組み込み型」の2タイプのネットスーパーアプリを提供する。

・「小売事業者様ごとの単独アプリ型」
小売事業者の自社ブランド(店舗)名義で、単独のモバイルアプリを開発。顧客にとって親しみと信頼感のあるブランド名でサービスを提供できる。また、店舗受け取りなど自社オリジナルの機能開発も可能だ。

・「クラシルアプリへの組み込み型」
国内最多・2,400万DLのレシピ動画アプリ「クラシル」の中に、ネットスーパー注文機能を追加する形でサービスを提供。レシピや献立とのシームレスな連携、クラシルユーザーの送客による新規顧客の獲得が期待できる。

人気の記事