Today's PICK UP

金融機関向け次世代テレビ窓口ソリューションが開発

日本NCR株式会社は2020年8月18日、金融機関向け次世代テレビ窓口ソリューション「NCR Interactive Teller Essentials(エヌシ―アール インタラクティブテラー エッセンシャルズ)」を発表した。
日本NCRは、マイナス金利による収益の圧迫や人口減少によるマーケット縮小などによって厳しい経営環境にある、ドイツの金融機関で導入成果を出した最新のテレビ窓口ソリューションのノウハウを取り入れ、日本国内の金融機関向けに特化した次世代テレビ窓口ソリューション「NCR Interactive Teller Essentials」を開発した。

「NCR Interactive Teller Essentials」は、カメラと各種デバイスを通して遠隔地の窓口業務担当者と顧客をリアルタイムに接続することで、現金処理を伴わないほぼ全てのテラー取引や相談業務を、営業店に人員を配置することなく可能にする。また、新型コロナウイルスなど感染症対策の観点から非接触、非対面を希望する顧客のニーズも満たし、今後顧客ごとに異なる様々な金融ニーズに対応可能な新しいテレビ窓口ソリューションだ。

「NCR Interactive Teller Essentials」を導入することで、店舗・人員の最適配置による業務効率化が図れ、日本の金融機関の喫緊の経営課題である収益改善に貢献できるという。導入後も音声AI認識・自動翻訳の導入など、顧客ニーズと稼働状況に応じた機能拡張が可能だ。
出典元:プレスリリース

■ソリューションの特長

・センターにいる金融機関担当者とテレビ電話を介することにより各種取引・相談が可能
・現行の店頭タブレット端末をテレビ窓口の顧客申込用端末として利用できるため、資産の有効活用が可能
・全取引を映像・音声・ドキュメントで記録し、いつでも閲覧が可能
・無線化(モバイル化)による柔軟なレイアウト変更、一時的に必要な場所への設置が容易
・マルチ言語に対応
・キャビンは店舗に合わせて自由にデザイン可能。新型キャビンは、プライバシーに配慮しつつ、落ち着いた空間の提供を重視

■期待される導入効果・用途

・窓口行員の配置転換による収益拡大、人員コストの効率化
・柔軟な人員構成が可能となり、既存店舗の廃店を回避、取扱業務範囲を維持することによって、顧客満足度の維持向上が可能
・取引を記録することにより、サービス向上、トラブル防止や迅速な解決への対応が可能
・複数カメラと最新の遠隔技術により、従来のテレビ窓口システムとは一線を画すストレスフリーの顧客体験
・ソーシャルディスタンスの確保に最適
・移動店舗車両への搭載による営業範囲の拡大
・移動・設置が容易なため、災害発生時には被災地で迅速な営業再開が可能
・外国人来店時の対応
・営業時間の延長による顧客利便性の向上

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。