Today's PICK UP

幸楽苑、非接触型の配膳ロボットの実証実験を開始

株式会社幸楽苑ホールディングス(以下、幸楽苑 )は、新型コロナウイルス感染症の予防対策や人手不足解消を目的とし、2020年8月27日(木)より本宮店(福島県本宮市)にてAIを活用した非接触型の自動配膳ロボット「K-1号(ケー・イチゴウ)」導入の実証実験を開始すると発表した。

■配膳ロボット「K-1号」導入の背景

新型コロナウイルス感染症の対策として、非接触型の配膳を自動化し、店舗スタッフの負担を軽減することでサービス中心の働き方へシフトできることから、配膳ロボットの導入に至ったとのことだ。ロボットにはセンサーが搭載されており、人や物にぶつからず安全に走行できる。また、音声案内も可能で、エンターテイメント性も兼ね備えているという。
出典元:プレスリリース
幸楽苑本宮店
住所:福島県本宮市本宮万世176番6
営業時間:午前8時~午後9時(ラストオーダー:午後8時30分)
電話番号:0243-63-0230

■配膳ロボット「K-1号」利用の流れ

テーブルに設置してあるタブレットで料理を注文後、店舗スタッフが注文内容を確認。出来上がった料理をロボットのトレーに乗せ、タッチパネルで移動を指示すると、席まで料理を運ぶ。料理を受け取った後、ロボットの音声案内にしたがい、頭のセンサー部分に手をかざすとロボットは厨房に戻る。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。