Today's PICK UP

NEC、NTTドコモの「d払い」に本人確認技術を提供

NECは、株式会社NTTドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」向けに本人確認(KYC)をオンラインで実現するサービス「Digital KYC」を2020年8月4日より提供開始した。これにより、NTTドコモの「d払い」アプリで送金や出金等を行う際に必要となる本人確認手続きがオンラインで完結する。
経済・産業のデジタル化が急速に進展する中、2018年に犯罪収益移転防止法(以下、犯収法)が改正され、オンラインで完結する本人確認(eKYC, electric Know Your Customer)が認められた。これまでは、「d払い」ユーザが送金や出金等を利用するには、予め銀行口座の連携、各金融機関による本人確認が必要だった。今回、この改正犯収法に対応したNECの「Digital KYC」のソフトウェアキット「Digital KYC SDK(Software Development Kit)」をNTTドコモの「d払い」に搭載することで、オンライン上で迅速かつセキュアな本人確認が完結する。

NECの「Digital KYC」は、顔と本人確認書類(運転免許証・在留カードなど)を画面に表示される指示に従って撮影し、撮影データなどの必要事項を送信することで、オンラインで本人確認手続きが完結。非対面での本人確認を迅速かつセキュアに実現し、ユーザの利便性が向上するだけでなく、ユーザ体験のデジタル化に貢献する。また、「Digital KYC SDK」には、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術であり、顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用しており、本人確認手続きにおける本人以外の不正利用のリスクを低減するという。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。