Today's PICK UP

スマートミラーサービス開発を支援する「開発チームレンタルサービス」が開始

株式会社ジーエルシーは、同社が提供する等身大の姿を映し出せるラージサイズのタッチパネルデバイス「スマートミラー2045」の活用を検討する事業者向けに、株式会社mofmofが提供する月額制受託開発「開発チームレンタル」をセットで提供し、新サービス開発の支援を開始すると発表した。

■「スマートミラーサービス開発チームレンタル」とは

「スマートミラー2045」を活用した新規事業や新規サービスの構築に向けた、コンサルティングから、それを実現するソフトウェア設計・開発までを一気通貫で支援するチームレンタルサービスを月額制で提供する。
出典元:プレスリリース

■新規サービス開発時のありがちな状況と『スマートミラーサービス開発チームレンタル』の違い

新規サービス開発時における事業会社におけるありがちな状況
・コンサルティングファーム出身者を、デジタル戦略部所属で採用してみたが、結局、何も形にならない、そもそも実力不足で形にできない。
・エンジニアを正社員で採用したが、思ったような動きではない、決まるのを待っているだけになっている。
・受け身意識の強い開発会社に依頼すると、些細な変更でも、クライアントがシステムをわからないことに付け込んで高額な請求をされ、かつ仕事が遅い。

『スマートミラーサービス開発チームレンタル』の違い
・外資系コンサルティングファームにて、ジョブマネ経験者(マネジャークラス)のみが在籍しており、ビジネスへの理解力も高く、必ず形にできるケイパビリティを有す。
・ベテランエンジニアを確保できるので立ち上がりが早い。
・月額固定制サービスである特徴がゆえ、ビジネス要件の変更に伴い、随時仕様変更ができる上に、早い段階で実際に動くものが確認することが可能。

■スマートミラーを活用したサービスの例

・観光        :観光客向けの案内チャットボットや多言語コールセンターなどヘルスケア
・ヘルスケア     :センシング、脈拍測定、健康診断など
・コスメ       :バーチャルメイクなど
・アパレル      :バーチャルフィッティングなど
・美容室       :顧客管理システムやオンライン雑誌など
・オフィス        :受付システムなど
・小売店舗      :デジタル接客、広告、動画配信、商品提案、オムニチャネル、POSレジなど
・マーケティング :性別識別、年齢識別、広告、など
・フィットネス    :ボディスキャン、オンラインフィットネスなど

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。