Today's PICK UP

青山商事、ネットとリアルの融合システムを新たに「洋服の青山」10店に導入

青山商事株式会社は、ネットとリアルの融合システム「デジタル・ラボ」を新たに「洋服の青山」10店に導入し、9月5日(土)から順次運用を開始すると発表した。これにより導入店舗数は「洋服の青山」で41店となる。また、今回導入する8県の中で、青森県・静岡県・岐阜県・広島県・島根県・徳島県の6県については県内初導入。
「デジタル・ラボ」は、ネットの豊富な在庫数とリアル店舗の接客サービスの両メリットを最大限に生かしたシステム。導入店の店内には、同社のECサイトと連動するタッチパネル式の大型サイネージやタブレット端末を複数設置し、来店客はこれらの端末を通してECサイト上にある約1,000万点以上の在庫から好みの商品を選ぶことができる。同社のECサイトは店在庫とも連動しているため、「デジタル・ラボ」の導入店では「洋服の青山」全785店舗にある在庫を確認することが可能となる。

利用者は店在庫をゲージ見本として試着や採寸を行うため、実際の商品の色柄や着心地などを確認した上で購入することができるのも特徴の一つだ。また、商品は自宅に配送となるため、購入後は手ぶらで帰ることができ、後日店に商品を受け取りに行く手間も不要となる。

「デジタル・ラボ」の導入店では、同じ色柄のスーツをサイズ別で保有する必要がなく、限られたスペースで多くの種類を陳列できることから、現在は主に都市部の売場面積100坪未満の狭小店を中心に導入している。今回は地方郊外店(売場面積200坪以上の大型店を含む)を中心とした10店に導入していくが、これらの店ではスーツ売場の一部を縮小し、現在強化しているオーダースーツコーナー・ビジカジ商品・レディス商品などを拡充することで、多様化するビジネススタイルに対応した魅力ある売場を目指すという。また、一度スタッフの接客を受けながら「デジタル・ラボ」で買い物を体験することで、利用者のネット通販に対する抵抗感を払拭し、ECサイトの利用促進にもつなげていくとのことだ。

■デジタル・ラボのその他の機能(一例)

出典元:プレスリリース
・デジタル接客
画面上のキャラクタースタッフがビジネス・就職活動・結婚式といった利用者の着用シーンや、要望のサイズ・モデル・価格帯・色柄などの商品の絞り込みをサポートする。これにより、商品選びをスムーズに行えるほか、購入時の不安感の払拭にもつながる。

・ランキング表示
「デジタル・ラボ」導入店の人気商品をランキング形式で表示する。ランキングは1~10位までを表示し、情報は日々更新。全国の順位と店単位での順位の2パターンを見ることができる。数多くある商品の中から人気のものが一目でわかる仕組みとなっている。

・コーディネート
選んだスーツに合うシャツやネクタイを画面上で自由に組み合わせて様々なコーディネートを確認できる。ビジネス・就職活動・結婚式といった着用シーンに合わせたシミュレーションも可能。これにより、具体的な着用イメージがもてるほか、販売員のコーディネート提案にも役立つ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。