Today's PICK UP

不動産オーナー向け「AI不動産経営シミュレーター」が提供開始

株式会社COMPASSは、不動産オーナー向けに人工知能(AI)による投資不動産の将来キャッシュフローとリノベーション効果予測が行える新サービス『AI SCOPE』を、提供開始すると発表した。
『AI SCOPE』は、不動産物件情報のビッグデータをもとに保有不動産の資産価値や将来の賃料、空室率などの予測に加え、AIを活用したリノベーションの効果予測を行うことができるサービス。『AI SCOPE』を活用すれば、保有不動産の現在・将来における課題を早期発見し、賃料見直しのタイミングや売却など、計画的な不動産経営を行うことができるという。

また、AIを活用したリノベーションの効果予測から同社が提供するリノベーションサービスへつなぐことで、物件オーナーは効率的に物件価値を高めることが可能となる。今後は、リノベーションの効果予測に加え、『AI SCOPE』によるシミュレーション結果に基づいた、キャッシュフロー診断を活用し、不動産経営のさらなる収益アップ施策やコスト削減策などの提案を行うという。

■AI SCOPEが実現すること

・リノベーション効果や賃料下落予測、空室リスクなどを分析
将来のリノベーションによる賃料上昇予測や賃料下落予測、空室率を考慮した運営損益シミュレーションによる分析が可能だ。
出典元:プレスリリース
・カンタン相場分析で物件周辺エリアの相場を分析
都道府県、沿線、駅名の3つを選択するだけで、指定の駅周辺エリアの賃料、賃料単価、専有面積・築年数などの相場の分析が可能だ。
出典元:プレスリリース
・キャッシュフロー予測や不動産ポートフォリオ管理ツールとして活用可能
不動産物件情報のビッグデータをもとにAIが分析し、将来の賃料下落率や空室率などを予測する。これまでの賃貸経営では知ることができなかった情報を手に入れることができ、キャッシュフロー分析や不動産ポートフォリオ管理ツールとして活用できる。
出典元:プレスリリース

人気の記事